Baseball Gate

-

投手・竹田祐の満塁本塁打で天王山に連勝。明大が優勝に王手!【5/19 春季東京六大学野球 2回戦 慶應義塾大学 vs 明治大学】

東京六大学野球春季リーグの第6週2日目が行われ、第1試合は明大が今日も粘る慶大を振り切り4対2で逃げ切り。連勝で5季ぶりの優勝に「あと1勝」と王手をかけた。

「投手として攻撃にリズムが出るように」と試合に入った竹田だが、自らのバットで試合を決めた

 無欲で振り抜いた打球は風にも乗ってグングンと伸びレフトスタンドへ。本塁打と分かると、竹田祐(2年・履正社)は一塁を回ってガッツポーズを見せた。明大の先発投手として2イニングを無安打に抑えたその裏。「回ってこい」と願っていたという9番打者の竹田に二死満塁の場面で打席に立つと、1ストライクからのインコースのストレートを見事に運んだ。普段から打撃が好きで、野手の打撃練習にもよく混ぜてもらっているという竹田がリーグ優勝を占う大一番で値千金の満塁本塁打を放った。
 4回には慶大の反撃を許すが最小限に留めて5回4安打1失点でマウンドを降りた。6回からは伊勢大夢(4年・九州学院)が起用され、いきなり1点を許したものの、以降は走者を出しながらも味方の好守に支えられて、得点を許さずに最後まで試合を締めた。
 明大はこれで8勝1敗、勝ち点4。次週の法政大戦で1勝でも挙げれば優勝という王手をかけた。
 一方、慶大は明大に3回以降は安打を許さない粘りを見せたが序盤の4失点が最後まで大きく響き、2季ぶりの優勝が遠のく痛い連敗となった。

満塁本塁打は高校1年夏の練習試合以来という竹田。今日の一発は興奮からか「覚えていません」と笑って振り返った

■慶應義塾大vs明治大2回戦
慶大 000101000=2
明大 04000000X=4
【慶】●佐藤、津留崎、増居、木澤、高橋亮-郡司
【明】○竹田、伊勢-西野
本塁打:明大・竹田(2回・満塁)

◎慶大・大久保秀昭監督
「学生はその時その時でベストを尽くしてくれましたが、私の責任です。投手の起用を間違えました。佐藤はもう少し球が走って欲しいところはありました。一番避けたかった連敗。凄くいいチームなだけに残念です。悔しいです」

◎明大・善波達也監督
「竹田だけは褒めてあげたいです。竹田と(要所で好守を見せた)添田くらいしか“野球をしていない”。内容で負けたけど試合はなぜか勝てた試合。(次週の法政大戦に向けて)しっかりしてもらわないといけません」

文・写真=高木遊