Baseball Gate

大学野球

早大が土壇場の逆転劇で平成最後の早慶戦に劇的勝利!慶大は優勝目前で涙…【10/29 秋季東京六大学野球 3回戦 早稲田大学 vs 慶應大学】

 早大が5対4で慶大に逆転勝ち。今カード2勝1敗で勝ち点を獲得し、慶大の完全優勝&3連覇を阻止した。

4番手で登板して2回無失点に抑えた早大・小島


 1勝1敗で迎えた平成最後の早慶戦。優勝のかかる慶大は2日前の1回戦で9回1失点完投勝利を挙げた高橋佑樹(3年・川越東)が先発。一方、1回戦で敗れて優勝の可能性が消滅した早大は、前日の2回戦で4回1失点だった西垣雅矢(1年・報徳学園)が2日連続の先発マウンドに上った。

序盤は早大ペース。髙橋佑の立ち上がりを攻め、2回2死満塁、3回2死1、2塁と先制のチャンスを作ったが無得点。すると、慶大がベンチ前で円陣を組んだ直後の4回裏に3番・柳町達(3年・慶應)がチーム初安打の後、4番・郡司裕也(3年・仙台育英)がレフトへ今秋第1号となる2ランを放り込んで2点を先制。直後の5回表に早大が1番・黒岩駿(4年・長野日大)のタイムリーなどで2点を奪って同点に追いついたが、慶大は5回裏に2死満塁から7番・嶋田翔(2年・樹徳)のセンター前タイムリーで再び2点のリードを奪った。

それでも早大は諦めなかった。6回からエースの小島和哉(4年・浦和学院)が2イニングを無失点で切り抜け、8回表に前日逆転打を放った代打・福岡高輝(3年・川越東)の犠牲フライで1点差とすると、最後にドラマが待っていた。土壇場の9回表、先頭の黒岩の2塁打から1、3塁とし、4番・加藤雅樹(3年・早稲田実)の犠牲フライで同点。そして尚も2死2塁の場面で5番・岸本朋也(4年・関大北陽)がセンター前タイムリーを放って逆転に成功した。


岸本の逆転打で盛り上がる早大ベンチ


9回表、力投を続けて慶大・橋佑がマウンドを降り、直後に逆転された


監督として最後の試合に臨んだ早大・高橋広監督は「最後にいい試合をしてくれた」と選手たちを称賛。意地を見せた早大が、今春に続いて早慶戦を制し、同時に慶大の胴上げを阻止した。一方、敗れた慶大は3戦連続完投勝利中だった髙橋佑が我慢しきれず、継投策も失敗。最後は主将の河合大樹(4年・関西学院)が代打で打席に立ったが、サードゴロに倒れてゲームセット。勝率差で法大の12季ぶり45度目の優勝が決まった。


慶大・河合主将が9回2死から代打で登場もサードゴロに倒れる


■慶應義塾大vs早稲田大3回戦
早稲田大  000 020 012=5
慶應義塾大 000 220 000=4
【慶】●高橋佑、菊地、津留﨑-郡司
【早】西垣、増田、早川、小島、○今西-岸本
本塁打:慶大・郡司《4回2ラン》