プロ野球

ベイスターズジュニアが、タイガースジュニアとの決戦制し初優勝!(「NPB12球団ジュニアトーナメント2016 supported by日能研」第3日)

映像提供=J-SPORTS

2016年12月29日 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 決勝戦
【横浜DeNAベイスターズジュニア 対 阪神タイガースジュニア】

★大会通じて成長した選手たち

今大会初めて先発のマウンドに上がった堀本一孝投手が投打にわたる活躍を見せ、ベイスターズジュニアがタイガースジュニアを6対4で破り、大会12回目にして初の栄冠に輝いた。

初回からキレの良いボールでタイガースジュニア打線を押し込んでいった堀本は、3回裏に自らのバットで2ラン本塁打を放ち、この回6得点のビッグイニングに繋げた。その後は5回と7回に本塁打を浴びるも、要所を締めて7回を完投。堀本自身は控えめに喜びながらも、歓喜に沸くナインにもみくちゃにされて、笑顔を弾けさせた。

就任4年目で初優勝を遂げた鈴木尚典監督は「大会直前は他のジュニアチームとの練習試合でも勝てず不安でした。でも、宮崎に来てから“緊張は絶対にするから、とにかく楽しもう。神奈川代表のプライドを持って戦おう”と話し、チームが1つにまとまってくれました」と、選手たちの成長に目を細めた。

また主将を務めた小形琉玖内野手は「優勝できると信じて戦ってきたのでホッとしました。みんなで楽しく野球ができました」と満面の笑みを浮かべた。

580人のセレクションの中から選ばれた精鋭18名が、そのプライドを見事に初優勝という形で結実させた。

★鼻血のち連続本塁打

タイガースジュニアは3回の6失点が最後まで重くのしかかった。堀本の本塁打を浴びたことに加え、守備のミスも多発してしまい八木裕監督は「ミスがあれだけ出てしまうと、どうしても勝てないですね」と悔しそうに話した。

一方で、7番を打つ山平柚斗外野手が5回、7回と連続本塁打を放ち、2点差にまで差を詰めた。八木監督は「この大会で打撃に自信をつけてくれたはず」と成長を称えた。

山平は決勝戦中に鼻血を出すほど高ぶった気持ちでプレーしていたが、その後の連発弾に「メッチャ嬉しいです。ミート力が上がり、打席で緊張しなくなりました。“脇を空けずに打て”という八木監督の指導のおかげです」と無邪気に笑った。

大会初優勝こそならかったが、初の決勝トーナメント進出を果たしたタイガースジュニア。選手たちは確かな足跡を残し、大きな手応え持ち帰った。

Tジュニア 0000103|4
Deジュニア 006000✕|6

【横浜DeNAジュニア登録メンバー】
1深谷謙志郎(DMファイターズ)

2玉城陽希(ニュー横浜スターズ)

3四宮秀明(川島イーグルス)

4阿部陽向(今井西町少年野球部)

5星川心(北原イーグルス)

6小形琉玖(田町スパンキーズ)

7針谷隼和(川和シャークス)

8小池祐吏(明神台リトルグランパース)

9戸頃流風(所属なし)

10堂上翔(富岡オールスターズ)

11高橋琉士(富士見ホームランズ)

12樋口駿之介(別所ベアーズ)

13秋山心(初音少年ファイヤーズ)

14法橋平良(桜本少年野球部)

15堀本一孝(山手メイツ)

16生谷魁(双葉ニュースターズ)

17布施東海(南瀬谷ライオンズ)

18田高康成(武山パワーズ)

【阪神タイガースジュニア登録メンバー】
1安西洸晟(氷上軟式野球スポーツ少年団)

2岡本尊(なぎさ少年団野球部)

3沖寛太(安原少年野球クラブ)

4勝隼祐(高石スワローズ)

5橘本直汰(高石スワローズ)

6寒川忠(仁川ユニオンズ)

7島田大空(ジュニアファイターズ)

8正重恒太(スリーエフクラブ)

9田中晴太(新宮フレンズ)

10寺川裕也(奈良チャレンジャーズ)

11永谷天太(東太田イーグルス)

12春山陽登(高田イーグルス)

13藤井一太(大阪泉州ボーイズ)

14三宅慶真(尾浜シャークス)

15村上太一(新金岡ヤンチャーズ)

16山平柚斗(笹原ライオンズ)

17山本耕太(山科百々)

18山本壮斗(氷上ドリームス)