Baseball Gate

プロ野球

巨人、村田修一が値千金の決勝犠飛…ヤクルトは泥沼の10連敗


巨人は7月12日、東京ドームでヤクルトと対戦。村田修一内野手が値千金の決勝弾を放つ活躍を見せ、8-3で勝利した。

巨人は1-1で迎えた4回裏、村田が今季第5号のソロ本塁打を放ち2-1と勝ち越しに成功。5回裏には、走者一、二塁の好機に坂本勇人内野手が適時二塁打を放ち3-1。続く好機に村田が犠飛を放ち、4-1とリードを広げた。さらに満塁の場面で亀井善行外野手に走者一掃の適時打が生まれるなど打線がつながり、7-1と大量リードを奪った。

投げては、先発の宮國椋丞投手が5回1失点の好投で今季初勝利。敗れたヤクルトは巨人と同じ12安打を放ちながらも拙攻で3点。投手陣は振るわず、泥沼の10連敗を喫した。

関連リンク