Baseball Gate

プロ野球

3塁打2本&2塁打1本!オリックス「1番・駿太」が躍動!

オリックス―日本ハム 3回オリックス2死二、三塁、駿太が中越えに2点三塁打を放つ=京セラドーム【写真提供:共同通信社】


オリックスの駿太が11日の北海道日本ハム戦(京セラドーム大阪)で3安打4打点の活躍を披露した。

 自身今季13試合目の1番打者でのスタメン。初回の第1打席で相手先発・斎藤佑のフォークを捉えて2塁打を放って先制のホームを踏むと、続く2回の第2打席では1死2、3塁から斎藤佑の初球ストレートを鋭いスイングで捉えてライト線を破るタイムリー3塁打。3回の第3打席では斎藤佑の外角シュートを捉えると、再び俊足を飛ばして3塁までたどり着いた。

 この日の2本で、3塁打は自身今季5本目となり自己最多&リーグトップにも並んだ。試合後のお立ち台では、「調子がいいとかは関係ない。打たないと試合に出れないので打ちたいと思っていた。積極的なバッティングがッ持ち味だと思っているので良かったです」とニンマリ。自身の連続安打も4試合と伸ばして今季の打率も.270まで上げた。故障から復帰した吉田正が3番に座って存在感を見せる中、生え抜き7年目の男がこのまま1番打者に定着すれば、オリックスに新時代が確実に到来する。