Baseball Gate

プロ野球

阪神、糸原健斗がサヨナラ打…巨人は9回に3点差追いつくも力尽きる


阪神は7月9日、甲子園球場で巨人と対戦。糸原健斗内野手のサヨナラ打により、7-6で勝利した。

阪神は3-3で迎えた5回裏、1死二塁の好機を作ると、高山俊外野手が適時打を放って勝ち越しに成功。続く走者二塁の場面で糸原が2点本塁打を放って6-3とリードを広げた。

最終回、阪神はドリス投手をマウンドに送るも、坂本勇人内野手の適時打などにより土壇場で3点差を追いつかれる。それでも9回裏、走者一、二塁の好機で糸原が適時二塁打を放ち、試合を決めた。

巨人は9回に3点差を追いつく粘りを見せたが、最後はマシソン投手が阪神打線につかまった。

関連リンク