Baseball Gate

プロ野球

計7投手の継投で勝利!福岡ソフトバンクが3年連続“交流戦1位”!

広島―ソフトバンク 広島戦に2番手で登板し、プロ初勝利を挙げたソフトバンク・岡本=マツダ【写真提供:共同通信社】


 交流戦勝率1位をかけた最終決戦は、福岡ソフトバンクが7対4で広島東洋に勝利。3年連続での交流戦1位を決めた。

 中村祐と山田の先発で始まった試合は、序盤から点の取り合いになった。初回に福岡ソフトバンクが2死3塁から二塁ベース付近に高々と上がったフライを広島の内野陣が見失って捕球できずに1点を先制。しかし、広島東洋もその裏すぐにエルドレッドのタイムリーで同点に追い付いたが、続く2回に福岡ソフトバンクが甲斐と福田のタイムリーで3点を奪い、試合の主導権を握った。

 広島東洋先発の中村祐は、先頭打者の四球からピンチを作り、甘いコースに入ったボールを痛打されて2回途中で降板。広島東洋もその裏、田中のタイムリーで1点を返したが、3回から福岡ソフトバンク先発の山田も降板してリリーフ勝負になる中、5回に福岡ソフトバンクが松田のタイムリーで1点を追加し、さらに8回には高田のタイムリー三塁打とスクイズでダメ押しの2点を奪った。

 福岡ソフトバンクは計7投手の小刻みな継投で広島東洋に反撃を許さず、3回途中から2番手で登板して2イニングを1安打無失点に抑えたプロ4年目の24歳、岡本がプロ初勝利を飾った。敗れた広島東洋は9回に代打の松山が2ラン本塁打を放ったが、反撃が遅かった。