Baseball Gate

プロ野球

ペゲーロ満塁弾!東北楽天が連敗を3でストップ!

8回、満塁本塁打を放ちナインに迎えられる楽天・ペゲーロ=甲子園【写真提供:共同通信社】


 東北楽天が8対2で阪神に勝利し、連敗を3で止めた。

 青柳と美馬の投げ合いで始まった一戦。東北楽天は初回に茂木、ペゲーロの連続四球からチャンスを掴んでウィーラーのタイムリーで1点を先制。3回には2死からペゲーロ、岡島の連打にウィーラーの死球で満塁として、銀次のタイムリー内野安打で2点目を奪った。

 一方の阪神は、序盤3回まで美馬を相手に1安打のみで4三振に抑え込まれたが、4回裏に北條、髙山の連打から1死2、3塁として中谷のタイムリー、さらに2死後に原口のタイムリーで同点。先発の青柳が5回4安打2失点で降板した後は、岩崎、桑原がともに1イニングずつを無失点に抑える好投を見せた。

 しかし、阪神4番手のマテオ、そして5番手の松田が誤算。2対2の同点で迎えた8回表、四球で出塁したウィーラーが2盗を決めると、島内がレフトへタイムリー3塁打を放って勝ち越しに成功。さらに相手のエラーで1点を追加すると、2死満塁からペゲーロが15号の満塁弾。この回一挙6点を奪って勝負あり。先発の美馬が6回を6安打2失点で、2番手の福山が今季3勝目を挙げた。