Baseball Gate

プロ野球

岩貞7回1安打1失点快投!阪神が原口弾で逃げ切り勝ち!

阪神―楽天 7回、楽天打線を三者凡退に抑え、捕手岡崎(左)とタッチを交わす阪神・岩貞=甲子園【写真提供:共同通信社】


 阪神が4対2で東北楽天に勝利。交流戦最終カードの初戦を奪った。

 阪神は2回、1死から鳥谷が内野安打で出塁すると前日にサヨナラ適時打を放った原口がレフトスタンドに2点本塁打。原口の連日の活躍で2点を先制した。投げては先発・岩貞が7回を1安打1失点。与えた四球は1つだけと制球も良く、3回に一発こそ浴びたものの他の回は全て三者凡退という完璧なピッチングで試合を作った。

 打線は8回、北條と高山の連打、福留の四球で満塁とすると鳥谷がセンター前に弾き返し2者が生還。終盤に貴重な2点を奪い、最後は守護神・ドリスが振り逃げから1点を失うも、同点は許さず逃げ切りに成功。節目の20セーブ目を挙げた。

 東北楽天は2点を追う3回、先頭の三好がソロ本塁打を放ち1点を返す。この後さらに1死2塁と同点機を作り、打順は上位に回ったが快音は聞かれず。プロ初登板初先発となったドラフト1位ルーキー・藤平は5回を一発による2失点で凌ぎ、味方の反撃を待ったが三好の一発以降はゼロ行進。9回に2死2塁から代打・聖澤の適時2塁打で食い下がったが、ウィーラーの打球は大きなライトフライとなりあと2点及ばなかった。