Baseball Gate

大学野球

立正大・鈴木友也が専修大のドラフト候補右腕・高橋礼に投げ勝ち昇格王手【東都大学野球入替戦】

★初の神宮のマウンドで躍動

立正大のエース右腕・鈴木友也投手(3年・越ヶ谷)が、専修大のドラフト候補右腕・高橋礼投手との投げ合いを制して、立正大が先勝。1部昇格に王手をかけた。

鈴木は「力が入って本来のストレートで押す投球ができなかった」と振り返るが、「変化球を振ってくれたので上手くズラしていくことができました」と、フォークやスプリットを織り交ぜ、初回に1安打を打たれて以降は専修大打線から凡打の山を築いた。

一方の専修大・高橋もアンダーハンドからキレの良いボールを投じ、6回まで立正大打線を無安打に抑えた。だが7回、打順が3回り目となると立正大打線が球の見極めをできるようになってくる。

すると、安打と2死四球で一死満塁のチャンスを作り、小畑尋規捕手(4年・北照)が詰まりながらもレフト前に運び2点を先制。さらに、土井慎二内野手(3年・関西)と大平夏輝内野手(4年・東邦)も連打で続き、さらに1点。高橋はこの後押し出しの四球を出したところで降板。続く左腕・角谷幸輝投手(2年・専大松戸)から小郷裕哉外野手(3年・関西)が犠牲フライを放ち、ダメ押しの5点目を挙げた。

鈴木は5点の援護をもらった8回表も内野安打1本にまとめて、8回2安打無失点。初めての神宮球場のマウンドでの堂々の投球を見せて、立正大に貴重な先勝をもたらした。

兄や高校時代の仲間も応援に駆けつけた中で好投し「みんなを代表する気持ちで投げました」と笑顔で振り返った。


★東都大学野球1部2部入替戦

専修大 000000001=1
立正大 00000050X=5
【専】●高橋礼、角谷、上野—深水
【立】◯鈴木、渡部、福井、木寺—小畑

◎立正大・坂田精二郎監督

「ノーヒットノーランされるかと思いましたが、よく我慢して、少ないチャンスをモノにしましたね。鈴木には“神宮で投げづらいと言っていた投手はいない”とか言葉で不安を取り除くようにしてきました。よく投げてくれました」

◎専修大・高橋礼投手

「7回はもう少し変化球を混ぜれば良かったのですが、配球が単調になってしまいました。捕手に任せているのですが任せすぎてしまいましたし、走者よりももっと打者に集中するべきでした」

文・写真:高木遊