Baseball Gate

プロ野球

内川V弾!福岡ソフトバンクが快勝で貯金10!

オリックス―ソフトB 7回、決勝ソロを放ち、コーチに迎えられるソフトバンク・内川=ほっともっと神戸【写真提供:共同通信社】


 福岡ソフトバンクが7対2でオリックスに勝利。貯金を今季最多タイの10とした。

 ディクソンと摂津の投げ合いで始まった一戦は、6回を終えて2対2の同点。オリックスがT-岡田と大城のタイムリー、福岡ソフトバンクは柳田の2本のタイムリー2塁打で2点ずつを奪って互いに一歩も譲らない展開となった。

 しかし終盤を迎えて一気に試合の流れは福岡ソフトバンクへ傾く。7回表、4番の内川が勝ち越しとなる今季7号ソロを放つと、8回にはオリックスの売り出し中右腕の黒木を攻め、高谷のセーフティスクイズ、川崎の2塁打、今宮のタイムリーで3点を奪取。9回にはデスパイネがトドメの一発を放って試合を決めた。

 先発の攝津は5回1/3を7安打2失点で降板し、2番手の五十嵐が今季4勝目をマーク。貯金2で5月を迎えたチームが、5月13日以来、再び貯金を2ケタに乗せた。

 敗れたオリックスは、攝津から2点を奪ったが、その後のチャンスにあと一本が出ずに攻略し切れず。先発・ディクソンの調子も5回2/3を5安打6四球2失点といまひとつ。2度リードを貰いながらも制球に苦しみ、フォアボール絡みの失点を重ねてリズムを掴めなかった。これでオリックスは6カード連続の負け越し。借金は2となった。