Baseball Gate

プロ野球

阪神、4連勝で首位キープ&貯金「12」…高山俊が値千金の決勝打「神がかっている」


阪神は5月17日、甲子園球場で中日と対戦。1点を争う投手戦を制し2-1で勝利。連勝を4にのばし、貯金を「12」とした。

3連勝と勢いに乗る阪神は5回裏、原口文仁内野手が今季第3号となるソロ本塁打を放ち1点を先制。7回に中日に同点とされるも、8回裏には2死二塁の好機を作ると、高山俊外野手が適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

投げては、能見篤史投手が7回途中1失点の好投を見せ、勝利に貢献。4番手のマテオ投手が今季4勝目を挙げた。敗れた中日は先発のバルデス投手が8回2失点と好投を見せたが、打線が沈黙。対する阪神はわずか3安打ながらワンチャンスをものにして勝負強さを見せつけた。

阪神ファンからは、「ホンマに強い!バンザイ!」「原口・高山ナイス!だけど中継ぎ陣は緊張し過ぎやな」「ナイスヒット高山」「やった!高山よう打った!」「神がかってる」「俊くんの実力はこんなもんじゃないでぇ~」など、決勝打を放った高山を称賛する声が多数寄せられていた。

関連リンク