Baseball Gate

プロ野球

広島東洋ホーム9連勝ならず…延長戦の末に横浜DeNAが勝利!

広島―DeNA 広島に勝利し、タッチを交わすDeNAナイン=マツダ【写真提供:共同通信社】


 横浜DeNAが延長戦の末に5対4で広島東洋に勝利して連敗を3で止めた。

 前半は広島東洋・大瀬良と横浜DeNA・ウィーランドの両先発による投手戦となった。均衡が破れたのが6回。投手のウィーランドが左中間スタンドにライナーで飛び込むソロ本塁打を放って横浜DeNAが1点を先制した。

 緒方監督が「いい投球だったと思う」と評価した大瀬良は、7回まで3安打1失点の好投だった。その大瀬良が降板した直後の7回、広島東洋はこの回から登板した2番手の三上を攻め、代打・西川の同点タイムリーに田中の2ラン、鈴木のタイムリーと得意の集中打で逆転した。

 3点リードのまま、広島東洋は9回に抑えの今村を投入。勝ちパターンの展開だったが、1死からロペスのサードゴロを安部が悪送球して出塁。四球で1死1、2塁となった後、宮崎のライト前へのライナーを鈴木が後逸して2点タイムリー三塁打となり、続く戸柱のタイムリーで、土壇場で試合が振り出しに戻った。

 延長10回には、4番手の一岡が先頭打者の四球から、自らのエラーでピンチを広げ、ロペスの犠牲フライで決勝点を許した。横浜DeNAは、8回は田中、9回は山崎康が無失点に抑え、リードした10回はパットンが広島東洋の反撃を許さなかった。

 広島東洋は連勝が3でストップし、ホームゲームでの9連勝ならず。横浜DeNAは相手のミスから9回に追いつき、延長戦を制して連敗を3で止めた。