Baseball Gate

大学野球

大東孝輔のサヨナラ打で立大が早大に雪辱し、優勝戦線に生き残る!【東京六大学野球】

★左キラーがサヨナラ打

早稲田大vs立教大2回戦

早稲田大 001000003=4
立教大 001111001x=5
【早】柳沢、早川、北浜、●大竹—岸本、小藤
【立】手塚、◯中川—藤野
本塁打:早稲田大・長谷川《3回ソロ》、立教大・藤野《6回ソロ》

サヨナラ打を放った長良(立教大)


負ければ優勝の可能性が絶たれる立大が大東孝輔内野手(4年・長良)のサヨナラ打で劇的な勝利を収め、1回戦で敗れていた早大に雪辱。3回戦に持ち込んだ。

試合は3回表、早大・長谷川寛外野手(4年・仙台育英)の本塁打で先制するが、早大先発の柳澤一輝投手(4年・広陵)がぴりっとせず、3回裏に高取克宏外野手(4年・日大二)のタイムリーで、立大がすぐさま同点に追いつく。

さらに4回には藤野隼大捕手(2年・川越東)、5回には笠松悠哉三塁手(4年・大阪桐蔭)のタイムリーで立大は勝ち越しに成功すると、6回には藤野が本塁打を放ち、試合を決めたかに思えた。

ところが9回、早大は6回から登板していた立大の中川颯投手(1年・桐光学園)を捕らえ、加藤雅樹外野手(2年・早実)と三倉進外野手(4年・東邦)のタイムリーで3点差を追いついた。

嫌な流れとなった立大ではあったが、その裏に寺山寛人外野手(3年・神戸国際大附)が内野安打で出塁すると、ここで溝口智成監督は代打に大東を起用。すると、大東は早大4番手の左腕・大竹耕太郎投手(4年・済々黌)からライト頭上を越える一打を放ち、寺山が一塁から生還。対左投手の代打として待機していた大東が大仕事をやってのけ、立大が優勝争いに踏みとどまった。

サヨナラ勝ちに沸く立教大ナイン


◎立大・溝口智成監督

「昨日の試合が終わった後、“引きずるなよ。切り替えていこう”とチームに伝えていました。大東はもともと打撃が良いので、左投手用の代打として勝負どころで使おうと思っていました」

◎立大・大東孝輔内野手

「とにかく次の打者に繋げようと思っていました。今までは引っかけて凡打になることが多かったので、センター方向に強い打球を打とうと打席に立ちました。サヨナラ打は高校2年以来です」

文・写真:高木遊