Baseball Gate

大学野球

菊地恭志郎が完封!慶大が明大に連勝し、早慶戦に優勝をかける【東京六大学野球】

★郡司裕也も攻守で存在感示す

明治大vs慶應義塾大2回戦

慶應義塾大 010101000=3
明治大 000000000=0
【明】●森下(暢)、齊藤—西野、清水(風)、氷見
【慶】◯菊地—郡司
本塁打:慶應義塾大・郡司《2回ソロ》

6安打完封勝利を挙げた菊地恭志郎(慶應義塾大)


本塁打が出れば逆転サヨナラ負けという二死満塁のピンチで、最後の打者をライトフライに打ち取ると、慶大の菊地恭志郎投手(3年・慶應志木)は目いっぱいのガッツポーズで喜びを表した。

前日の1回戦では中継ぎとして1イニングを投げ、明大の宮崎新内野手(4年・履正社)に同点本塁打を浴びていた。だが先発となったこの日は「打者一人ひとりを抑えていく気持ちでした」と、初回から丁寧な投球で明大打線を抑えていき、要所では「1番自信のあるボール」というフォークも決まった。

バッテリーを組む郡司裕也捕手(2年・仙台育英)も菊地の力投に応えるように守っては好リードと強肩を生かした盗塁阻止で強力にバックアップ。打っても2回に先制本塁打を放ち、4回には四球、6回には内野安打でそれぞれ倉田直幸内野手(4年・浜松西)と清水翔太内野手(4年・桐蔭学園)のタイムリーの起点となった。

これで慶大は27日から始まる早慶戦に優勝争いを持ち込むことになった。殊勲の菊地は「(早慶戦で優勝がかかっていた)1年春に、スタンドの外に長蛇の列ができていました。アマチュア野球でこれだけ多くのお客さんの前でプレーできる幸せを感じながら投げたいです」と次戦へ期待に胸を膨らませていた。

攻守で存在感を見せる郡司。2回の本塁打については「森下とは日本代表の合宿で一緒だったので、ストレートで押してくると思っていました」と狙い澄ました一撃だったと話した。


◎慶應義塾大・大久保秀昭監督

「菊地はメチャクチャ頑張りましたね。持てる力を全部出してくれたと言っていいほどではないでしょうか。投手陣は各々がチャンスをモノにしてくれています。サラブレッドではない選手たちがここまで頑張ってきたので、早大戦に向けてしっかり準備していきたいです」

文・写真:高木遊