Baseball Gate

プロ野球

梶谷決勝打!横浜DeNAが延長で広島東洋に競り勝つ!

広島に連勝し、ナインを迎えるDeNA・ラミレス監督(中央)=マツダ【写真提供:共同通信社】


 横浜DeNAが延長戦の末に5対3で広島東洋に勝利し、カード勝ち越しを決めた。
 先制点を取ったのは横浜DeNA。広島東洋先発の大瀬良から筒香、ロペスの連打で無死1、3塁のチャンスを作り、倉本の内野ゴロの間に1点を先制。投げては、横浜DeNA先発の井納が6回まで広島打線を散発の4安打で無失点に抑えた。

 横浜DeNAは7回に2死から井納のタイムリーとワイルドピッチで2点を追加してリードを広げたが、その裏に広島東洋が反撃に出て、松山、エルドレッド、安倍の3連打で1点を返し、さらに代打・小窪の2点タイムリーでこの回3点を奪って同点に。8回からはリリーフ勝負となり、横浜DeNAは山﨑康、三上、パットンが広島東洋に得点を許さなかった。

 そして3対3で迎えた延長10回、広島3番手の今村から横浜DeNAが1死満塁から梶谷のタイムリーと筒香の犠牲フライで2点の勝ち越しに成功。9回から登板した三上が今季初勝利を挙げ、パットンが2セーブ目をマーク。首位チームに勝ち越した殊勲打を放った梶谷は「強いカープに連勝できて乗っていける」と表情は明るかった。

 敗れた広島東洋は、先発の大瀬良が7回5安打3失点(自責1)の好投も、9回から登板した今村が2イニング目の延長10回に制球を乱して連続四球から失点。接戦で星を落として今季初の連敗を喫し、貯金は7となった。