Baseball Gate

大学野球

田中将也が昨秋の屈辱晴らすサヨナラ打!東洋大が打撃戦を制して亜細亜大に連勝【東都大学野球】

★センバツV右腕・村上が初先発も・・・

サヨナラ打を放った田中将也(東洋大)


亜細亜大vs東洋大2回戦

亜細亜大 1211100010=7

東洋大 0111120011x=8

(延長10回)

【亜】嘉陽、●中村(稔)—頓宮

【東】村上、片山(翔)、上茶谷、甲斐野、◯山下(雅)−西川

本塁打:亜細亜大・上田(1回ソロ)、頓宮(5回ソロ)、東洋大・中川《2回ソロ》、小川《3回ソロ》

昨秋の亜細亜大戦で誰よりも悔しさを味わった田中将也内野手(4年・帝京)が試合を決めた。

東洋大は、昨年のセンバツ甲子園を制した右腕・村上頌樹投手(1年・智辯学園)を初先発に起用したが、亜細亜大打線が序盤に村上を捕らえる。1回に上田隼也外野手(3年・高知)の本塁打で先制すると、2回には手塚渓登外野手(3年・横浜隼人)と小山倭誠内野手(3年・富士見)がタイムリーを放ち、村上をマウンドから引きずりおろした。

しかし、その裏に東洋大は中川圭太内野手(3年・PL学園)のソロ本塁打をきっかけに勢いが生まれると、その後は両者とも点を取り合っていく。そして、6回に竹原祐太外野手(3年・二松学舎大附)の2点タイムリーで同点に追いつく。

9回には亜細亜大が北村拓己内野手(4年・星稜)のタイムリーで勝ち越すも、その裏に東洋大が西川元気捕手(4年・浦和学院)のタイムリーで追いつき、試合は延長戦に持ち込まれた。

そして、10回裏2死一、三塁。東洋大の打席には3番の田中将也。昨秋の優勝争いの中で迎えた対亜細亜大3回戦で痛恨の送球エラーを犯し、それが決勝点となってしまった悔しさを持っていた。

迎えた雪辱のチャンスで「なんとか自分が決めようと思っていました」と打席に入った田中将也は闘志を燃やしながらも「配球がアウトコースのストレートばかりだったので張っていました」と冷静に分析していた。4球目を振り抜くと、打球はライト前へ。田中は右手を突き上げながら、一塁まで走り、溜めていた感情を爆発させた。

試合後、田中は「打った瞬間は何も覚えていないです」と振り返り、「去年は自分のミスで負けてしまいましたが、今日は先輩たちに良いところを見せられたと思います」と喜びを噛み締めた。

◎東洋大・高橋昭雄監督

「厳しかったけど、よく打ちましたね。これで選手が自信を持ってもらえればいい。こういう試合だと面白くて、ずっと野球をやっていたくなりますね(笑)」

文・写真:高木遊