Baseball Gate

プロ野球

大竹寛からの完封リレー!読売巨人が2対0で中日との投手戦を制す!

 中日―巨人  7回、巨人・阿部の適時打で生還した坂本勇(6)を迎える先発大竹寛(右端)=ナゴヤドーム【写真提供:共同通信社】


 ナゴヤドームで行われたカード3戦目は、読売巨人が2対0で中日に勝利。大竹寛の好投に、坂本と阿部の頼れる3・4番コンビが応えた。

 先発は4月2日の東京ドームで投げ合った大竹寛と吉見。両投手とも序盤の3回をパーフェクトに抑える極上の投手戦を展開。その中で先に好機を演出したのは中日だった。6回裏、先頭打者・木下拓の安打に吉見が犠打を決め、さらに大島も安打を放って1死1、3塁に。しかし、この局面で冷静だったのが大竹寛。まずは亀澤をピッチャーゴロで2死とし、続く平田もショートゴロに仕留めた。

 すると、ピンチを凌いだ直後の7回表、先頭打者の坂本がライト線を破る2塁打で得点圏に進むと、阿部もライト前に弾き返す技ありの先制タイムリー。9回表には代打・亀井のタイムリーで加点した。6回2/3を無失点に抑えた大竹寛から山口、森福、宮國と小刻みに繋ぎ、最後はカミネロがイニングまたぎも無失点。今季2勝目を挙げた大竹寛は「なんとか粘って相手より先に点を取られないようにと思って投げていました。(小林)誠司も強気のリードをしてくれて、それに応えることができてよかった」とバッテリーで勝ち取った勝利を喜んでいた。

 一方、敗れた中日は今季4度目のカード負け越し。7回裏、2死満塁で代打・阿部がファーストゴロ、8回裏の2死1、3塁ではゲレーロライトフライに倒れるなど、この試合も決定力不足が露見。7回1失点で今季3敗目を喫した吉見が「ボクが1点を取られたから悪いです…」と自身を責めたが、エースの力投に最後まで応えられなかった打線が敗因の大半を負っていることは明白だった。