Baseball Gate

大学野球

慶大・四番の岩見がバックスクリーンへ特大弾!慶応が連勝で勝ち点【東京六大学野球】

3回表、3ランを放った慶大・郡司がダイヤモンドを周る =神宮球場

★慶大が2本塁を含む11安打で大量リード
☆慶應義塾大vs東京大2回戦
慶應義塾大 023 501 000=11
東京大   000 200 000=2
【慶】〇髙橋佑、髙橋亮、土井、佐藤、菊地-郡司、植田将
【東】●小林、川口、山下大、宮台-三鍋、森田
本塁打:慶應義塾大・岩見《2回ソロ》、郡司《3回3ラン》

 前日の試合でプロ注目の宮台康平投手(4年・湘南)を攻略した慶大打線が、この日も序盤から爆発した。
初回こそ無得点に終わったが、2回に4番・岩見雅紀(4年・比叡山)がバックスクリーンへ特大の一発。前日の2ランに続く主砲の2戦連続弾で1点を先制すると、さらに満塁として押し出し四球で2点目。続く3回には走者2人を置いて5番・郡司裕也(2年・仙台育英)がレフトポール際へ3ランを叩き込み、序盤で5点のリードを奪った。
慶大は4回にも満塁のチャンスを掴み、2者連続押し出し四球の後、6番・清水翔太(4年・桐蔭学園)が走者一掃のタイムリー2塁打を放ち、一挙5点を奪取。大量リードを背にした先発の髙橋祐樹(2年・川越東)は、左腕から力強いボールを投げ込み、序盤3回を1安打無失点。4回に2点を失ったが、5回を2安打2失点の力投で先発の役割を果たした。
これで慶大は2試合で計20得点。4番の岩見が3回の守備で鋭い外野フライを好捕した際にフェンスに頭をぶつけ、4回の打席の後に途中交代するアクシデントがあったが、この日の勝負には影響なし。好調の打線に引っ張られる形で連勝スタートを切った。
一方の東大は、先発の小林大雅(2年・横浜翠嵐)が制球に苦しみ3回5失点で降板。打線は4回に楠田創(4年・桐朋)が左中間を破る2点タイムリー2塁打を放ち、4番手としてマウンドに上がった宮台が5回2/3を4安打1失点に抑えたが、前半の大量失点が重くのしかかった。

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「後半は残塁も多かったですけど、最初に点を取って早めに点差を付けられたのが良かった。(先発の)髙橋もゲームを作った。(岩見は)痛みに強いタイプ。本人は大丈夫と言っていたんですが、大事を取って交代させた。でもスーパープレー。ホームランも特大だった。飛距離は他の人にない魅力ですね」

◎慶應義塾大・岩見雅紀
「(2試合連続本塁打に)飛距離は昨日の方が出ましたけど、手応えは今日の方が良かった。完全に芯で捉えた。昨日も今日も下級生が投げていたので打ちたい気持ちがあった。(負傷箇所は)ぜんぜん大丈夫です」

◎東京大・宮台康平投手(4年・湘南)
「(連投に)昨日は1イニングと0/3だったので、あまり連投と言う感じはしなかった。いい真っ直ぐを投げることが基本。自分の思い描いた通りの投球ではないですけど、自分のできることを愚直にやるだけ。一個ずつできることを増やして、次はちゃんと先発としての枠割を果たしたい」