Baseball Gate

プロ野球

【4月15日プロ野球全試合結果】巨人・坂本勇人が4安打の活躍で連敗脱出、ロッテ・涌井秀章が今季初勝利


■広島、投打で阪神を圧倒…岡田明丈が9回1失点完投

広島は4月15日、甲子園球場で阪神と対戦。投打で阪神を圧倒し、7-1で快勝した。

広島は初回、阪神・先発の青柳晃洋投手を攻めたてる。走者満塁の好機にエルドレッド内野手が押し出し四球、天谷宗一郎外野手に適時打が飛び出すなど一挙に4点を先制。3回表には、田中広輔内野手が適時打を放つなど、序盤で6-0とリードを広げた。

投げては、先発の岡田明丈投手が阪神打線を4安打の抑える好投を見せ、9回1失点の完投。前日の試合で連勝が10で止まった広島だったが、まだまだ勢いはとどまりそうもない。

阪神は青柳の乱調による序盤の大量失点が、最後まで重くのしかかった。

■ヤクルト、投打がかみ合いDeNAに快勝…山田哲人が先頭打者弾

ヤクルトは4月15日、横浜スタジアムでDeNAと対戦。序盤から打線がつながりを見せるなど投打がかみ合い、7-2で快勝した。

ヤクルトは初回、山田哲人内野手が先頭打者本塁打を放って1点を先制。2回表には、走者一、二塁の好機を作ると、谷内亮太内野手が適時二塁打を放って2-0。続く1死二、三塁の好機で、先発の小川泰弘投手にも適時打が飛び出し、4-0とリードを広げた。

投げては、先発の小川が8回1失点の好投を見せ、勝利に貢献。対するDeNAは、先発の石田健大投手が6回5失点と誤算。打線は8安打を放つもあと1本が出なかった。

■巨人、逆転で連敗を5でストップ…坂本勇人が4安打など打線が12安打の爆発

巨人は4月15日、ナゴヤドームで中日と対戦。坂本勇人内野手が4安打を放つなど打線がつながり、6-2で勝利。連敗を5でストップした。

巨人は初回、2死一、三塁の好機を作ると、マギー内野手が適時打を放って1点を先制。1-2と1点ビハインドで迎えた3回裏には、無死一、二塁の場面で再びマギーが適時二塁打を放って同点とする。その後、4-2と勝ち越して迎えた7回表、坂本と阿部慎之助内野手の適時打により、6-2とリードを広げた。

投げては、先発の田口麗斗投手が5回2失点と先発の役割を果たし、以降は4投手の継投で中日打線を封じ、最終回はマシソン投手が締めた。

■オリックス、ソフトバンクとの乱打戦を制す…小谷野栄一が決勝打

オリックスは4月15日、ヤフオクドームでソフトバンクと対戦。両チーム合わせて28安打が飛び交った乱打戦を制し、7-6で勝利した。

オリックスは初回、2死三塁の好機を作ると、4番に入った小谷野栄一内野手が適時打を放って1点を先制。続く好機に、指名打者・中島宏之にも適時打が飛び出し2-0とした。

その後、ソフトバンクに逆転されるも、2-3と1点ビハインドで迎えた4回表、中島が今季第2号のソロ本塁打を放って同点とすると、5回表には小谷野が適時打を放って勝ち越しに成功した。その後は互いに点の取り合いになるも、最後は守護神・平野佳寿投手が1点差を守り切った。

投げては、2番手の山崎福也投手が今季初勝利。対するソフトバンクは、指名打者・デスパイネや松田宣浩内野手の適時内野安打などで追い上げを見せるも、あと一歩及ばなかった。

■ロッテ・涌井秀章が7回無失点で今季初勝利、細谷圭が値千金の決勝打

ロッテは4月15日、ZOZOマリンスタジアムで西武と対戦。エースの涌井秀章投手が7回無失点の好投を見せ、1-0で西武に勝利した。

ロッテは0-0で迎えた4回裏、2死二塁の好機を作ると、細谷圭外野手が適時打を放って1点を先制。その後は西武投手陣の抑え込まれ、わずか3安打に終わったが、先発の涌井の後を継いだ大谷智久投手、守護神の益田直也投手も西武打線を無失点に抑え、虎の子の1点を守り切った。

対する西武は、先発の野上亮磨投手が8回1失点の好投を見せるも、打線が5安打とロッテ投手陣の前に沈黙した。

■楽天、銀次の決勝打で日本ハムとの接戦を制す…美馬学が7回途中1失点

楽天は4月15日、Koboパーク宮城で日本ハムと対戦。銀次内野手の決勝打により、4-2で接戦をものにした。

楽天は0-0で迎えた5回裏、1死二、三塁の好機を作ると、嶋基宏捕手がスクイズを決めて1点を先制。6回裏にはペゲーロ外野手にソロ本塁打、銀次に適時二塁打が飛び出し2点を追加。その後、日本ハムの一発攻勢で1点差まで詰め寄られるも、8回裏には、島内宏明外野手がソロ本塁打を放ち4-2とリードを広げた。

投げては、先発の美馬学投手が7回途中1失点の好投を見せ、勝利に貢献。日本ハムは先発の有原航平投手が序盤は無得点に抑えるも、中盤で楽天打線につかまった。

関連リンク