Baseball Gate

大学野球

木澤尚文が最速154キロ計測し8回途中10K 慶大が雪辱【6/2 春季東京六大学野球 2回戦 慶應義塾大学 vs 早稲田大学】

6月2日、東京六大学野球春季リーグの最終カードとなる早慶戦の2回戦が行われ、慶大が5対1で早大に快勝。対戦成績を1勝1敗のタイに戻し、勝ち点の行方は3回戦に持ち込まれた。

「頭が少し突っ込みがちでした」というフォームを足を上げてから少し間を取るようなイメージで修正したという木澤が見事な投球を見せた

「大学に入ってから一番良いくらいの投球でした」と慶大・大久保秀昭監督が振り返る会心の好投で慶大の先発・木澤尚文(3年・慶應義塾)が期待に応えた。
試合前、竹内大助助監督から「初回の先頭打者を死ぬ気で抑えてこい」と発破をかけられた。今季から2回戦の先発を任されることが多くなったが、法大戦では2回4失点で降板するなど立ち上がりの悪さが課題だった。そのためその助言に従い、先を見ずに腕をがむしゃらに振り続けたことが功を奏した。

 初回から150キロ前後のストレートと130キロ台後半から140キロほどの縦に割れるスライダーで早大の打者たちをねじ伏せていく。そして2回には自己最速となる154キロを計測。5回に初安打を許すも、以降も失速することはなく7回3分の1を投げて3安打2四球10奪三振と満点に近い内容でマウンドを降りた。

これだけの球速と投球内容が続けば、プロ球団からの注目度は高まっていくに違いない。ただ木澤としては高校時代に右肘の内側側副靱帯損傷を経験しているだけに「不完全燃焼で高校野球が終わって始まった大学野球生活なので、まず1シーズンずつ結果を残せるように取り組んでいきたいです」と、こちらも先を見すぎずに進んでいく意向を示した。

柳町達(写真右)のタイムリー、中村健人(写真左)の3ラン本塁打などで序盤に試合の主導権を握った慶大

■慶應義塾大vs早稲田大2回戦
慶大 005000000=5
早大 000000010=1
【慶】○木澤、佐藤-郡司
【早】●西垣、上條、藤井寛、田中星、柴田-小藤
本塁打:慶大・中村(3回3ラン)

◎慶大・大久保秀昭監督
「昨日ああいう負け方(本盗を許すなどして敗戦)をしていたので、今日は“頼む”と珍しく選手たちに言いました。木澤にはずっと今日のような好投を期待していました。メンタル面も含めてしっかり取り組んでくれたと思います」

◎慶大・木澤尚文(3年・慶應義塾)
「今日はできすぎです。昨日はチーム全体の隙を、それも早稲田に突かれてしまいました。今日は絶対に勝ちたい試合でしたし、この1・2週間は早稲田のことだけを考えて投球練習してきました」

文・写真=高木遊