Baseball Gate

-

冨永魁、田中大夢の伏兵コンビが活躍し立大連勝。東大10連敗も「光が見えた」【5/26 春季東京六大学野球 2回戦 立教大学 vs 東京大学】

東京六大学野球春季リーグ第7週2日目が行われ、第1試合は立大が東大を4対2で下し連勝。立大が6勝6敗の勝ち点2、東大が3季連続の0勝10敗で全日程を終えた。

 立大は先発の中川颯(2年・桐光学園)が東大捕手の大音周平(2年・湘南)に本塁打を浴びるなど5回持たずに降板し、劣勢を強いられた。だが6回に冨永魁(3年・桐蔭学園)、8回に田中大夢(2年・東農大二)の両代打がともにリーグ戦初安打となるタイムリーを放って逆転。9回には相手投手の暴投でダメ押しし、2番手以降の投手陣も無失点でしのいで苦しい試合をものにした。
 殊勲の一打を放った両選手は「チームの力になれるように守備でも打撃でも頼られる選手になりたいです」(冨永)、「どんな投手でも対応できるようになりたいです」(田中)と晴れやかながらも引き締まった表情をして、秋でのさらなる活躍を誓った。
 一方、リーグ戦後半は善戦しながらも勝ち星には届かなかった東大の浜田一志監督は「非常に悔しいです」と切り出し「前半戦は投手が崩れてしまいましたが、各投手が週6回10km走って100球投げ込んできたこともあり(後半戦は)光が見えました」と前を向いた。

「大学球界最高峰の舞台で活躍したい」と指定校推薦で一般入部した田中大夢が試合を決めた

■立教大vs東京大2回戦
立大 001001011=4
東大 000110000=2
【東】●小林大-大音
【立】中川、栗尾、○比屋根、中﨑-藤野
本塁打:東大・大音(5回ソロ)

打撃について浜田監督は「(フォームの中で)トップとタメがまだまだ」と課題を挙げた。写真はチームトップの打率.267を記録した笠原健吾(3年・湘南)

文・写真=高木遊