Baseball Gate

侍ジャパン

【目指せ未来の侍ジャパントップチーム】嘉手苅将太(侍ジャパンU-15代表/姫路アイアンズ)

昨夏に福島県いわき市で行われた第3回 WBSC U-15ベースボールワールドカップ(以下、W杯)で準優勝を果たした侍ジャパンU-15代表。その精鋭たちの中で主軸を務めたが嘉手苅将太内野手(かてかる・しょうた/姫路アイアンズ)だ。将来有望な長距離砲が貴重な経験の中で得たものや今後の展望を力強く語った。

★パワーに加え優れた選球眼も
 まずひと際目を引くのが、その恵まれた体格だ。現在182cm90kg。社会人野球の新日鐵室蘭と新日鐵広畑(現新日鐵住金広畑)で投手として活躍した父・一弘さん譲りの体格を旺盛な食欲でさらに大きくした。「夕食は丼で軽く3、4杯食べます」と豪語し、好物は母・利枝さんの作るジンギスカンだという。

 父が監督を務めていた広畑コンドルズでは、小学6年時に阪神タイガースジュニアに選出。全国優勝も複数誇るヤングリーグの強豪・姫路アイアンズでは2年生だった一昨年からレギュラーを張り、昨夏にはU-15W杯に出場を果たした。
 そのW杯では開幕時「足が震えるほど緊張しました」と語るが、初戦の第1打席で華麗なレフト前安打を放つと、そこで一気に緊張が解けた。1次ラウンドでは4番、2次ラウンドからは3番と中軸を任され力強い打球を連発。一塁守備でも難しいファウルフライや送球を上手く捕球し、チームの躍進を支えた。
 決勝戦こそキューバに敗れたが、10試合14安打9打点を記録。一方で、四球を10個も選ぶ選球眼で出塁率は6割に達するなど準優勝に大きく貢献した。

★勇気や感動を与えるプレーを
「貴重な経験ができて良い思い出です。野球に対する思いをさらに強くしてもらいました」とW杯を振り返る嘉手苅。一方、姫路アイアンズでは目標の全国優勝を果たせず「下級生から全国大会に出ていた経験をチームに伝えきれなかったのが心残りです。そういう思いが次は残らないようにしたいです」と悔しさもバネに飛躍を誓う。

 高校進学は関西を中心に数多くの誘いがあったが、兵庫県から遠く離れた宮城県の仙台育英高校への進学を決めた。
 その背景には被災地を力づけたい気持ちもあるという。大好きだった祖母の暮らしていた宮城県石巻市は津波などで大きな被害に遭った。
 それだけに「甲子園に出ることはもちろん、(宮城の人に)勇気や感動を与えられるプレーをできたらと思っています」と力強く話し、将来の目標は「メジャーリーガーです」と迷いなく答えた。
 祖母の愛した宮城でさらに腕を磨き、心も体も大きな打者への成長を誓う嘉手苅。中学球界屈指のパワーヒッターが宮城で、甲子園で、そしてまた世界の舞台で力強い打球を飛ばしてくれる日を心待ちにしたい。

(写真左から)嘉手苅将太、川端秀宣監督、弟・浩太選手。中学3年になる浩太選手は侍ジャパンU-12代表選出経験があり、投手としても期待の高い選手だ。

文・写真=高木遊