Baseball Gate

プロ野球

新戦術「オープナー」を採用する合理的理由【NISSAN BASEBALL LAB】

写真提供:共同通信



-NISSAN BASEBALL LABの記事一覧はこちら-

■立ち上がりは難しい

 栗山英樹監督がかねてより公言していた通り、日本ハムは今季から「オープナー」と呼ばれる投手運用を取り入れている。オープナーとは、リリーフを本職とする投手に先発をさせ、1~2イニング程度で降板させて2番手に従来の先発投手をマウンドに送る戦術を指す。2018年にMLBのタンパベイ・レイズが多用したことで話題となり、成果を挙げたことも手伝ってMLBのいくつかの球団に波及し、海を渡って日本球界にも届くに至った。

 この奇策ともいえる戦術のメリットは大きく分けて2つ。その後長いイニングを投げなければならない投手に失点の確率の高い初回を回避させることと、先発投手が打たれるリスクの高まる3巡目を迎えるタイミングを終盤に先送りすることだ。


 「立ち上がりは難しい」という野球界の定説の通り、先発投手の初回の成績は悪い。表1は過去3年間のNPB全先発投手のイニング別の失点率を並べたもので、最も高い失点率を記録しているのが初回となる。緊張感を伴う「入り」の難しさなどメンタル面の影響を要因に挙げる向きも少なくないが、異なる角度から難易度の高さを裏付けることもできる。初回は必ず1番から打順が始まるという事実だ。

 3~5番のクリーンアップに優れた打者を固めるのが一般的な打線の組み方であるため、その少し前を打つ打者、つまり1~3番から始まる回は得点確率や得点期待値が高い(表2)。1~3番のそれぞれの数字には大きな差はないため、この3人の誰から始まっても投手の負うリスクはほとんど変わらない。大事なのは「上位から始まる」ということだ。

 そして初回はひとつの例外もなく1番から始まる(表3)。イニングが進むにつれて数字を下げていき、中盤以降の開始打順は最多でも10%台と、ほぼランダムといっていい傾向を示している。メンタル面の影響はさておいても、以上の事実から立ち上がりが投手にとって難しい環境であることは間違いない。

■下駄を履かせる

 オープナーのもうひとつのメリットである「3巡目の先送り」は、打者が試合の中で打席を重ねるほど先発投手に対する成績が向上するデータに基づいている(表4)。日本でもアメリカでもこの傾向は共通しているため、これは野球というスポーツの原理原則に関わるものと考えられる。投手は同じ打者と何度も顔を合わせたくないのだ。

 過去3年間のデータによると、先発投手が3巡目の最初の打者を迎える平均イニングが4.32回(球数は72.3球)。つまり平均的に見て、先発投手は5回の途中に捉えられるリスクが高まる。オープナーを起用することで1~2回でもそのタイミングを先送りできれば、そのままセットアッパー、ストッパーとチームの勝ちパターンに継投する可能性が上がる、という寸法である。

 日本ハムの先発候補のデータを見ても、3巡目で成績を落としている投手は少なくない。完投できる力を備えた上沢直之や有原航平は別として、現在故障で離脱しているマルティネス、オリックスより加入した金子弌大、あるいは加藤貴之、村田透などは3巡目の失点率が高くなっている(表5)。オープナーという下駄を履かせることで、長いイニングを投げることに不安のある彼らもリスクを抑えながら試合の終盤まで引っ張ることができるかもしれない。

■合意形成は不可欠

 日本ハムは新しい運用を取り入れるにあたって、MLBの典型的なオープナーをそのまま輸入しなかったようだ。今季は公式戦でここまで特殊な先発起用を3回行っているが、MLBの場合と比較して1番手の投球回がやや長く、2番手の投球回は反対にやや短い。先発に起用している投手も加藤や斎藤佑樹など本職のリリーフではなく、どちらかといえば2番手で投げる先発格としてふさわしいようにも見える。日本ハムが行っているのはMLBのオープナーとは異なる戦術である、と指摘する声もあるが、共通するのは既存の価値観にとらわれず新たな投手運用の形を組み上げる、という考え方にある。

 オープナーとして先発する投手は勝利投手の権利を得る可能性がなく、リリーフ投手の記録であるホールドやセーブも付かない。4/4の楽天戦で敗戦投手となってしまった斎藤のように、黒星のリスクだけを負わねばならず、既存の評価方法ではチームへの貢献を適切に評価することができない。日本ハムの球団幹部は査定の面で考慮すると明言しているが、起用方法と同様に評価に関しても手探りの段階であることが予想される。

 これまでの常識では考えられない投手運用となるため、現場からフロントまで多くの関係者がオープナーを理解し、導入するという合意を形成していなければ、滞りなく運用することは難しい。日本ハム流のオープナーはここまで3戦して3敗と、成果は出ていない。新たな戦術を定着させることができるか、ファイターズの挑戦は続く。

※データは2019年4月10日時点

文:データスタジアム株式会社 佐々木 浩哉

v