Baseball Gate

高校野球

強豪復活へ!光星戦17失点から逆襲誓う青森山田投手陣 平沼海斗、堀田賢慎、藤森粋七丞【Future Heroes Vol.6】

-Future Heroes 一覧はこちら-

 センバツで甲子園が盛り上がる中、出場を果たせなかった高校は悔しさを胸に既に夏への戦いの準備を着々と進めている。八戸学院光星と長年にわたり青森県の覇権を争ってきた青森山田は、昨秋そのライバルに1対17と大敗。その雪辱に向けてのキーマンとなる投手陣に話を聞いた。


平沼海斗(ひらぬま・かいと)・・・2001年6月26日生まれ。茨城県筑西市出身。栃木下野リトルシニア (硬式)→青森山田高3年。左投左打。174cm80kg。
堀田賢慎(ほった・けんしん)・・・2001年5月21日。岩手県花巻市出身。花巻リトルシニア →青森山田高3年。右投右打。185cm80kg。
藤森粋七丞(ふじもり・いきなすけ)・・・2003年5月22日生まれ。青森県五所川原市出身。青森山田リトルシニア (硬式)→青森山田高1年。右投右打 178cm80kg。


 昨夏、異国の地・パナマで日の丸を背負い好投を続けた本格派右腕が今春に入学した。それが侍ジャパンU-15代表として第4回WBSC U-15ワールドカップ(以下、W杯)に出場し、試合終盤のイニングを任されチーム最多タイの5試合に登板した藤森粋七丞だ。
 小学生時代から運動能力が高く日本テレビ系列のバラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』の「金星相撲部」というコーナーに出演し野球代表として相撲に挑戦する姿が放映されたほどだ。
 青森山田中に入り青森山田リトルシニアでは同学年が6人しかいない中ではあったが、ひたむきに力を付け攻守の中心選手に。フォームのバランスやリリースの感覚が良く、侍ジャパンU-15代表では最速141キロの力強いストレートを投じた。憧れの選手には山﨑康晃(DeNA)の名を挙げ、将来の夢も「子供たちに勇気や夢を与えられる選手になりたいです」と大志を抱いている。

 そんなスーパー1年生に負けじと3年生投手も奮起している。プロ注目の大型右腕・堀田賢慎は大谷翔平(エンゼルス)と同じ岩手県花巻市出身。「県外に出て成長したい」と青森山田に入学。1年時から公式戦に登板し、現在は185センチの長身から140キロ近いストレートを投じる。

 昨秋は八戸学院光星戦で大量17失点を招いたが、その悔しさを糧に体づくりを見直しウェイトトレーニングに励んできた。「秋の借りを必ず返したいです」と意気込み、「投手リーダーとして全員でレベルアップしていきたいです」と視野も広げて今夏に向かっている。

 この2人に加えて、中学時代に栃木下野リトルシニアでリトルシニア日本選手権をエースとして優勝に導いた左腕・平沼も故障から復帰を目指しており「これまでの嬉しい思いも悔しい思いも生かしていきたいです」と話す。
 このほか2年生にも最速が140キロを超える投手が複数いるという。良いライバル関係で切磋琢磨し、これまでの屈辱をこの夏一気に晴らしたいところだ。

文・写真=高木遊

v