Baseball Gate

侍ジャパン

満を持しての侍初選出!北の韋駄天・西川遥輝が稲葉ジャパンの新たな武器になる

【写真提供=共同通信】


 パ・リーグを代表する韋駄天が侍ジャパンに初選出。17年から2年連続盗塁王の北海道日本ハム・西川遥輝が、プロ9年目で初めて代表のユニフォームに袖を通すことになった。

 智弁和歌山高からドラフト2位で入団した西川は、プロ4年目の14年に二塁手兼外野手として計143試合に出場し、43盗塁で初のタイトルを獲得。15年に行われた第1回プレミア12では日本代表の第1次候補選手となったが、最終ロースターの28名には残れなかった。その後、左翼手のレギュラーとなった16年には打率.314をマークするとともに、日本シリーズでサヨナラ満塁本塁打を放つなど、打撃面でもチームの主軸に成長した。外野手登録となった17年からは盗塁王に加え、2年連続ゴールデングラブ賞を受賞しており、文字通り攻走守三拍子揃った球界を代表する選手として認知されるようになった。

 今回の代表初選出に際して、稲葉篤紀監督は「スピードという部分で非常に魅力がある。打者としても、三振をしない、ボールをたくさん見られたり、安打にしていける」と期待を寄せる。何よりも特筆すべきは自慢の脚力を高い盗塁成功率へと昇華させている点で、昨季は盗塁企画47回中44回成功で盗塁成功率.936を誇った。出塁率も昨季は.391と高く、自チーム同様に侍ジャパンでもリードオフマンとして能力を存分に発揮してもらいたい。

 若手中心で構成された今回の代表チームで、27歳の西川は年長の部類に入る。北海道日本ハムではチームリーダー的な役割も担っている西川は、今回の侍ジャパンでチームのまとめ役としても期待される。明るい性格で、大舞台でも大仕事をやってのける度胸は頼もしい限り。初選出とは言え、経験の少ない選手が多いチームで頼れる存在になるはずだ。

 柳田悠岐や筒香嘉智、秋山翔吾などフルメンバーが揃った代表では、外野のポジションを確保するのは至難の技だが、最大の武器である足で、代走の切り札の役割や、もともと内野手だった経緯から内野のサブ要員など、幅広い起用が可能となるのが西川の強みだ。代表選出の際に「このチャンスをものにできるように頑張る」と本人が言ったように、今回の2試合で結果を残せば、今後は代表定着だけでなく、レギュラーとしての道も拓けてくる。


侍ジャパンシリーズ2019日本VSメキシコ

3月9日(土) テレビ朝日系列(全国ネット) 18:56~21:54 生中継 
※21:54~BS朝日にてリレー中継 ※試合終了時はハイライト
https://www.tv-asahi.co.jp/baseball_japan/#/

3月10日(日) TBS系列(全国ネット) 19:00~20:54 生中継 
※20:53~BS-TBSにてリレー中継
http://www.tbs.co.jp/samurai-japan/m0211.html

v