Baseball Gate

侍ジャパン

2000年生まれのスラッガー!肥後のベーブ・ルースが、いざ侍舞台へ!

【写真提供=共同通信】


 プロ初打席初本塁打の離れ業をやってのけた東京ヤクルト期待の大砲候補が、初の侍ジャパン入り。プロ2年目、1軍出場はまだ6試合のみの村上宗隆だが、稲葉篤紀監督は「遠くに飛ばすことに関しては、あの若さで非常に長けている。ポジションも三塁手で、若い選手が出てきてくれれば」と大きな期待を寄せる。

 2000年2月2日生まれのミレニアムベビーは、九州学院高1年時から「4番・一塁」として夏の甲子園に出場した。その後、捕手に転向して高校通算52本塁打をマークし、同学年で同じ右投げ左打ちの早実・清宮幸太郎と比較される存在になり、「肥後のベーブ・ルース」と称された。ドラフト会議では、外れ1位ながら清宮を抽選で外した東京ヤクルト、読売巨人、東北楽天の3球団が競合し、当時監督復帰が決まったばかりの小川淳司シニアディレクターがクジを引き当てた。

 プロ入り後は内野手にコンバートされ、ファームでは開幕直後から「4番・三塁」で起用され、6月には打率.315、6本塁打、14打点、7盗塁を記録してイースタン・リーグの月間MVPを受賞。シーズン終盤には1軍昇格を果たし、9月16日の広島戦に「6番・三塁」でスタメン起用されると、2回に訪れたプロ初打席で広島東洋先発の岡田明丈からライトスタンドに飛び込む2ランを放って見せた。初打席初本塁打はプロ野球史上64人目、高卒ルーキーでは史上7人目の快挙。1年目の成績は12試合に出場して安打は本塁打の1本のみに終わったが、2軍では98試合で打率.288、17本塁打、70打点と好成績を残した。

 今回の代表選出に際して、村上は「侍ジャパンのユニフォームは初めて。若さを前面に出して、稲葉監督の力になれればと思います」とコメント。1軍実績がほとんどない村上の代表入りは、稲葉監督の言う「東京五輪以降の活躍に期待し、経験を積んでほしい選手」の枠組みとなる。三塁手はミスター・長嶋茂雄に代表されるように野球の花形ポジションであるが、現在の日本球界においては人材不足で、松田宣浩(福岡ソフトバンク)に続く存在がいないのが現状。今回選ばれたメンバーには、岡本和真(読売巨人)、大山悠輔(阪神)といったライバルがいるが、打席に入った時の雰囲気、威圧感、スケールの大きさは先輩たち以上のものがある。

今年の春季キャンプではユニフォームを泥だらけにしながら守備練習に汗を流した。課題の三塁守備をレベルアップできれば、持ち前のパンチ力をより一層生かせるはず。そして今回のメキシコ戦は、自らのスラッガーとしての資質を全国のファンに示し、近未来の侍ジャパンの4番候補であることを宣言する格好の舞台になる。


侍ジャパンシリーズ2019日本VSメキシコ
3月9日(土) テレビ朝日系列(全国ネット) 18:56~21:54 生中継 
※21:54~BS朝日にてリレー中継 ※試合終了時はハイライト
https://www.tv-asahi.co.jp/baseball_japan/#/

3月10日(日) TBS系列(全国ネット) 19:00~20:54 生中継 
※20:53~BS-TBSにてリレー中継
http://www.tbs.co.jp/samurai-japan/m0211.html

v