Baseball Gate

プロ野球

憧れは仁志敏久と筒香嘉智 足立然と森山竜之輔の侍コンビが狙う王座奪還!【12球団ジュニアトーナメント】

 12月27日から札幌ドームで行われる「NPB12球団ジュニアトーナメント2018 supported by日能研」。各チーム16名の精鋭小学生が日本一をかけて戦う大会も今年で14回目を迎える。
 プロでも活躍する松井裕樹投手(楽天)、森友哉捕手(西武)、甲子園を沸かせた大阪桐蔭の根尾昂内野手(中日)藤原恭大外野手(ロッテ)らを過去に輩出した(両選手は今大会の開会式にもゲスト出演)。
 そんな同大会で、4年ぶり4回目の優勝を目指す読売ジャイアンツジュニアの侍ジャパンU-12代表コンビ・足立然(あだち・ぜん)選手、森山竜之輔(もりやま・りゅうのすけ)選手に大会への意気込みなどを聞いた。


写真左から足立、加藤健監督、森山


――大会まであと少しですが、今の気持ちはいかがですか?
足立 緊張はしているのですが最大限のプレーができるようにしたいです。
森山 チーム全員で力を合わせて優勝したいです。

――野球を始めたきっかけは?
足立 兄2人が野球をやっていたので、よく観に行ったり一緒にキャッチボールをしていて楽しいなと思いました。
森山 お兄ちゃんが野球をやっていて、いつもグラウンドに入って観ていたので、自分もやりたくなりました。

――侍ジャパンのユニフォームを着て戦ったアジア選手権(3位)をどのように生かしたいですか?
森山 ちょっと緊張したのですが、侍ジャパンで経験したことを生かしたいです。
足立 球が速い投手とかいろんな国の投手と対戦してきたので、みんなより気持ちとして楽かなと思うんですけど、「代表として戦う」ことはジュニアトーナメントでも一緒なので気を引き締めて戦いたいです。

――加藤健監督(元巨人捕手)はどんな方ですか?
森山 分からないことを聞きに行くとすごく丁寧に教えてくれる優しい人です。
足立 ミーティングの時に分かりやすく教えてくれますし、明るくみんなを笑わせてくれるので、コミュニケーションが取りやすいです。

――今年の読売ジャイアンツジュニアはどんなチームですか?
足立 全体的に打って勝っているし、投手もみんな崩れることは多くないので、守備が安定しています。いつも通り戦えば優勝できると思います。

――森山くんから見て、主将も務める足立くんはどんな人ですか?
森山 えーっと・・・(笑)チーム全体を見て、ふざけていたら注意したり、負けている時にも積極的に声をかけてくれるキャプテンです。

――憧れの選手や将来の夢を教えてください。
足立 (侍ジャパンU-12代表でともに戦った)仁志敏久監督(元巨人内野手)です。野球に対して真面目でピシッとした姿勢に憧れます。現役時代を直接は知りませんがお父さんに動画も見せてもらったことはあります。将来の夢はプロに入ってゴールデングラブ賞を取りたいです。
森山 筒香嘉智選手(横浜DeNA外野手)です。パワーがケタ違いなので好きです。プロ野球選手になって三冠王になるのが夢です。

――では最後に大会への意気込みをお願いします。
足立 みんなで一つひとつの試合を大切にして優勝したいです。
森山 みんなで力を合わせて優勝できるように戦いたいです。



3連覇を達成した第10回大会以来の優勝を目指す


文・写真=高木遊