Baseball Gate

プロ野球

早大野球部OB会が「野球あそび」イベントの参加者を募集!重信選手(読売ジャイアンツ)、小島選手(千葉ロッテ3位指名)らが参加予定

早稲田大学野球部のOB会組織『稲門倶楽部』が、今回始動させた「野球あそびから始めようプロジェクト」の一環として、現役のプロ・アマ選手と一緒に「野球あそび」をおこなうイベントの参加者を募集する。

昨年も野球少年たちを対象に行われた早大OB会「稲門倶楽部」によるイベントの模様。多くの現役選手が参加し、子どもたちと触れ合った

 同プロジェクトは、まずは少しでも多くの子どもたちに野球というスポーツへの接点を持ってもらうことを目的とし、今回は野球未経験者や野球を離れた子供たち(現在野球チームに所属していない小学校3年生~6年生)を参加の対象としている。

 最も影響力を持つ現役選手が野球界の課題を解決していくリーダーになることが重要と考えるこのプロジェクトに賛同し、今回このイベントに参加予定の重信慎之介選手(読売ジャイアンツ)は、「早稲田実業、早稲田大学、読売ジャイアンツとレベルが上がるにつれ、チームに貢献して勝つことや自らの技術のレベルアップを図ってきましたが、やはり原点は野球を楽しむこと、‘野球あそび’からスタートとしていると思います。どんな事も、まずはやってみること、触れて見ることが重要だと思っています。当日、まだ本格的に野球をやっていないけども、野球に興味のある子ども達との‘野球あそび’を楽しみにしています。」とコメント。子どもたちにまずは、「野球あそび」の楽しさを教えたいとしている。

また、同じくこのイベントに参加予定の小島和哉主将(スポ4=埼玉・浦和学院、千葉ロッテ3位指名)は、「どんなきっかけで子どもたちがスポーツを始め、その後の成長にどれだけ影響しているのか、現在大学で学んでいることと重なり、今回の『稲門倶楽部』のイベント内容に興味を持ちました。これからプロに入り、どんどん野球を好きになってもらう人を増やしていきたいので、当日はまだ野球の入口に立ったばかりの子どもたちに、野球の楽しさを伝えられればと思います。」とプロ入り直前の野球普及・振興イベントに、自主的に参加し、学業にも活かしていく考えだ。

同プロジェクトは、今後の活動として早稲田大学野球部の活動拠点である「安部球場」を一般開放し、子どもたちに「あそび場」を提供し、「野球あそび」を推進していくとのこと。イベントへの参加応募及び詳細は以下の通り。

※イベント参加希望の一般の方は下記URLから応募。
URL:https://bit.ly/2CURHjY

- イベント概要 -

●イベント名称「現役のプロ・アマ選手と一緒に野球あそびをしよう!」
~集まれ小学3-6年生~
●対象 野球チームに所属していない小学3年生~6年生の男女
●日時 2018年12月9日(日) 12時~14時30分
●費用 無料
●場所 早稲田大学安部球場・軟式野球場
(西武線東伏見駅徒歩5分)
●主催 早稲田大学 Hello! WASEDAプロジェクト
    野球部OB 稲門倶楽部
●問い合わせ先:hello-baseball@list.waseda.jp
●募集URL:https://bit.ly/2CURHjY
●募集人数:約120名
●募集締切:11月18日(日)0時