Baseball Gate

大学野球

早大が意地を見せ、両チーム26本の乱打戦を制す ハイライト動画【10/28 秋季東京六大学野球 2回戦 慶應大学 vs 早稲田大学】

■早稲田大vs慶應義塾大2回戦
慶應義塾大 010 020 101=5
早稲田大 001 005 00X=6
【早】西垣、早川、柴田、藤井寛、○今西-岸本
【慶】木澤、●津留﨑、高橋亮、前田、菊地-郡司

◎早稲田大・高橋広監督
「よく頑張ったと思います。両チームとも死力を尽くし、目一杯出し切った試合だった。(6回の5得点は)みんなが一丸となってよく繋いでくれた。福岡が走者一掃、よく打ってくれました。(リリーフした今西は)見ていてハラハラしましたけど、最後はよく投げ切ったと思います。選手たちには昨日、優勝はなくなっても早慶戦は他のゲームと意味が違う。春と同じように勝ち点を奪って意地を見せてくれ、と言った。チーム一丸となってよく戦った。明日、最後は小島が締めてくれれば最高です」

◎早稲田大・福岡高輝(3年・川越東)
「(代打逆転打は)打ったのはインコースの変化球。ずっとチームに迷惑をかけていた。優勝はなくなりましたけど、4年生と1試合でも多く試合をやりたいという気持ちだった。とにかく食らい付いて、ガムシャラにバットを振って行った。それがいい結果に繋がった。早慶戦で勝ち点を取って、いい形で4年生を送り出したい。明日も勝負所で1本打てるように頑張りたい」