Baseball Gate

プロ野球

今季最終戦でベテラン健在をアピール!北海道日本ハム・田中賢が3安打1打点!

日本ハム―ロッテ25  1回日本ハム2死二塁、田中賢が左前に勝ち越し打を放つ=札幌ドーム【写真提供:共同通信社】


 北海道日本ハムの田中賢介が、11日の千葉ロッテ戦で先制タイムリーを含む3安打猛打賞をマークし、クライマックスシリーズへ弾みを付けた。

 今年は主に代打としての出場が多かった田中賢。出場機会は減ってしまったものの、精神的主柱としてチームを引っ張ってきた。シーズン最終戦となったこの日は、9月29日以来のスタメン出場(6番・セカンド)。第1打席は、2点を奪い同点で迎えた1回裏、2死2塁の場面で回ってくる。ここで田中賢は、千葉ロッテ先発・有吉優樹が投じた高めのシュートをレフト前に運ぶ、勝ち越しタイムリーを放った。打席後、「試合が空いて打撃の感覚がどうかと思っていましたが、ファウルを打っているうちにタイミングが合ってきました。いい所に落ちて、いい結果になって良かったです」と談話を残した田中賢。その後の第2、第3打席でもヒットを放つ活躍を見せた。

 第3打席後にベンチへ退いたが、8月19日の埼玉西武戦以来となる今季2度目の猛打賞をマークしたことは、本人のとってもチームにとっても勢いがつく結果になった。13日からはクライマックスシリーズのファーストステージが始まる。何が起こるかわからない短期決戦では、経験豊富な田中賢の存在は大きなものになるはずだ。