Baseball Gate

大学野球

森下暢仁8回まで無安打快投!接戦を制した明大が勝ち点1!【東京六大学野球-東京大vs明治大 3回戦】

明大が2対1と逃げ切り、今季初の勝ち点を獲得した。

1安打1失点完投勝利を挙げた明大・森下暢

3回、2死三塁から渡辺佳明内野手(4年・横浜)がタイムリーを放って先制。5回には先頭の森下暢仁投手(3年・大分商)がヒットで出塁し、犠打などで2死三塁と好機を広げると添田真海内野手(3年・作新学院)のタイムリーで追加点を挙げる。
先発した森下は初回、2死から四球で出塁を許すが、以降は一人のランナーも出さない快投。8回は三者三振に抑え込み、最終回に向けて弾みをつける。
だがその9回、代打・梅山遼太外野手(2年・四日市)にレフト前へ落ちる初ヒットを打たれ、エラーも絡み無死二塁のピンチ。ノーヒットピッチングは途絶え、続く打者に四球。さらに犠打で1死二、三塁と一打同点のピンチが広がる。そして内野ゴロの間に1点差とされ、なおも2死三塁と苦しい場面は続いたが、最後の打者は三振に抑えて逃げ切った。

東大は先発した小林大雅投手(3年・横浜翠嵐)が5安打2失点と試合を作るも、打線がわずかに及ばなかった。

先制打を放った明大・渡辺。内外野の間に打ち上がった当たりに「落ちてくれという思いでした」

◎明治大・善波達也監督
「(9回について)進塁打やバントをされて1点ならまだしも。こんなチャンスはなかなかないから、そうなってほしかったけど。(初の勝ち点に)あと2つは取れる可能性があるので、それに向けてしっかりやっていきたいです」
◎明治大・森下暢仁投手
「まず完封したいという思いでマウンドに上がりました。初回からテンポよくいけたので、5、6回には(無安打を)意識しました。点を取られてしまったので、抑えられなかったことが一番悔しいです」

★東京大vs明治大3回戦
東大 000000001=1
明大 00101000X=2
【東】●小林大-三鍋
【明】○森下暢-西野
※明大2勝1分

文・写真=山田沙希子