Baseball Gate

大学野球

向山基生が土壇場の適時内野安打含む3打点の活躍!劇的なサヨナラ勝ちで法大連勝!【東京六大学野球-法政大vs立教大 2回戦】

法大が驚異的な粘りで、7対6で立大に逆転サヨナラ勝ち。勝ち点を3とした。

サヨナラ勝利に沸く法大の選手達

序盤から互いに点を取り合う展開。2-5と3点を追う5回、2安打で1死二、三塁の場面に向山基生外野手(4年・法政二)が2点タイムリーを放ち1点差に迫る。続く6回には1死満塁の好機に菅野秀哉投手(4年・小高工)が犠飛を放って同点に追いつく。
9回には1点を勝ち越されるが、2四球で2死二、三塁とチャンスを広げると、再び向山がタイムリー内野安打を放って土壇場でみたび同点に。続く中山翔太内野手(4年・履正社)の打席間にボークがあり、法大が逆転サヨナラ勝ちを収めた。

9回に同点適時打を放った法大・向山は笑顔で一塁コーチとグータッチ

立教大は同点の5回、小野大成外野手(3年・横浜)のタイムリー三塁打で勝ち越し、飯迫恵士内野手(4年・神戸国際大附)のタイムリーなどで一挙3点を奪う。再び同点とされた9回には松﨑健造外野手(4年・横浜)の犠飛で勝ち越し、9回も2死まで奪うがあと一つのアウトが遠かった。

◎法大・青木久典監督
「まさかあんな形になるとは…不思議な感じです。向山はさすがキャプテン。執念がああいう内野安打になったと思います。本当に苦しかったですが、選手の力で勝たせてもらいました。非常に大きな1勝です」
◎法大・向山基生外野手
「(9回の同点打)打ったのは外の真っすぐ。『ピッチャーの頭を越えろ!』という思いでした。どうしても同点にしたかったので嬉しかったです」

★法政大vs立教大2回戦
立大 020030001=
法大 110021002x=
【立】江口、中川、●手塚-藤野
【法】高田、石川、○菅野-中村浩
※法大2勝

文・写真=山田沙希子