Baseball Gate

大学野球

東大・有坂望の好投に武隈光希が一振りで応え、明大戦を引き分けに持ち込む【東京六大学野球-東京大vs明治大 2回戦】

東大が終盤に追いつき、連盟規定により1対1で引き分けた。

1失点完投の好投でで連敗を阻んだ東大・有坂


初回、2死三塁から4番・平塚大賀大河内野手(4年・春日部共栄)のタイムリーで明大が先制。その後は3回、4回と一、三塁と追加点の好機を作るが生かせず。5回以降は内野安打のランナーが1人出たのみで抑え込まれた。
東大は7回、この回から代わった明大・竹田祐投手(1年・履正社)から四球と犠打で1死二塁と同点のチャンスを作ると、代打・武隈光希外野手(2年・鶴丸)が右中間へタイムリーを放ち試合を振り出しに。だがその後は明大3番手・石毛力斗投手(2年・健大高崎)の前に追加点を奪えず。

代打で同点タイムリーを放った東大・武隈


先発した有坂望投手(4年・城北)は先制点を与えるなど、立ち上がりこそ走者を背負ったが、9回を6安打1失点と好投した。

明大・入江は6回無失点の好投も白星はつかなかった

◎東大・浜田一志監督
「選手たちには『技術ではなく気持ちで負けているんだ』と話しました。これまでは先制しても勝てず、心の部分だけを見直そうとやってきました。有坂は粘りのピッチングでしたし、守備もエラーは1つありましたが、いい守備をしました。武隈は集中力を発揮してくれたと思います。あと2つ勝つつもりで、明日仕切り直しです」
◎東大・有坂望投手
「今まで不甲斐ないピッチングが多かったので、残り少ない中でいいピッチングをしてやろうという思いでした。今日は体の状態も悪くなく変化球もよかったですが、勝ちたかったです」
◎東大・武隈光希外野手
「打席に向かう前、監督に『お前に任せる』と言われました。弾道が低かったですが、抜けてくれという気持ちでした。大事な所で打てたのはよかったですが、チームとして勝ちきれなかったので満足はしていません」

★東京大vs明治大2回戦
明大 100000000=1
東大 000000100=1 
【明】入江、竹田、石毛、中村-西野
【東】有坂-三鍋
※明大1勝1分

文・写真=山田沙希子