Baseball Gate

大学野球

田中誠也が完投で6勝目!三井健右も1本塁打2打点と大阪桐蔭コンビが投打に活躍し立大が勝利!【東京六大学野球】

投打のかみ合った立大が7対1で勝利。

初回、飯迫恵士内野手(4年・神戸国際大付)のタイムリー内野安打に敵失が絡んで2点を先制。4回には2死二塁から種田真大外野手(4年・大垣日大)がレフトへタイムリー二塁打を放って3点目を奪う。1点を返された5回には三井健右(2年・大阪桐蔭)の右中間スタンドへ飛び込むソロ本塁打で追加点を奪い、さらに1死二、三塁からショートへのファールフライの間に三走・飯迫が生還。続く宮慎太朗内野手(2年・市船橋)にもタイムリーが生まれて6対1とリードを広げる。8回には溝口智成監督が「よく打った。そこは成長点」と称えたタイムリーが三井に飛び出して7対1とした。

三振、併殺打の後、3打席目にソロ本塁打を打った立教大・三井

投げては田中誠也投手(3年・大阪桐蔭)が4回こそ3連打を浴び1失点したものの立て直し、以降は一人の走者も許さない完璧な投球で東大打線を封じた。ヒットを打たれたのも4回の3本のみで無四球完投。13奪三振の快投で今季6勝目を挙げた。

立教大・田中(誠)と藤野バッテリー。東大打線を3安打1失点に抑えた

立教大vs東京大1回戦
立教大 200130010=7
東京大 000100000=1
【立】◯田中(誠)―藤野
【東】●小林、宮本、有坂―三鍋
本塁打:立教大・三井《5回ソロ》
 
◎立教大・溝口智成監督
「ちゃんと攻撃も繋がって、田中も1点は取られたけどちゃんと投げてくれました。あと1試合、しっかりと戦いたいです」

◎立教大・田中誠也投手(3年・大阪桐蔭)
「(13奪三振は)目の前の打者を一人一人行こうと思った結果です。失点した4回だけ単調になってしまいました。テンポが一定になってしまったので、リズムや内外の出し入れをより意識して投げました」

◎立教大・三井健右外野手(2年・大阪桐蔭)
「(ホームランは)1、2打席目にチームに迷惑をかけていたので、ヒットを打つつもりで行きました。芯によく当たって飛んでくれました。8回のタイムリーは追い込まれていました中でうまく対応できたと思います」