Baseball Gate

大学野球

古田塁の3ランなどで東洋大が快勝!最終週の優勝決定戦に挑む!【東都大学野球 秋季リーグ戦 東洋大vs國學院大3回戦】

今カード2本塁打で勝利に貢献した東洋大・原澤


2本塁打を含む8安打の東洋大が9対0で勝利。

初回に1点を先制した東洋大は3回、ヒットで出塁した古田塁外野手(4年・天理)を犠打進めて1死二塁とチャンスを作ると、中川圭太内野手(3年・PL学園)のタイムリーで古田が生還して2-0とする。4回にも1点を加えてなおも2死二、三塁と続くチャンスに、古田がレフトスタンドへ飛び込む3ランを放ってリードを大きく広げる。その後も原澤健人内野手(※指名打者で出場/4年・前橋工)に、今カード2本目となるソロが飛び出すなどして9点を奪った。
先発した飯田晴海投手(4年・常総学院)はほぼ毎回、走者を出しながらも粘り強く投げ切り完封勝利を挙げた。

國學院大は先発した山岡就也投手(3年・広島新庄)が3回4安打2失点で降板するなど、8安打10四死球と投手陣が崩れた。攻撃陣も飯田の前に得点が奪えなかった。

東洋大はこれで勝ち点を3とし、最終カードの亜細亜大戦で勝ち点を挙げたチームが優勝となる。高橋昭雄監督は試合後、最終週が優勝決定戦となったことに触れて「これで権利を得たかな。原澤がよくなってくれたのが大きかったし、古田の3ランも大きかった」と4年生を称えた。
古田はホームランについて「打ったのはスライダーです。点差はつきましたが初戦も5点差を追いつかれたので、まだまだ油断できないと集中していました」と振り返り、さらに意外な秘密を教えてくれた。
「前の回に二塁から生還したとき、監督から『足が動いていない』と注意されていました。ズボンがきつかったからなのですが、ホームに滑り込んだ時に破けてしまい一つ大きいサイズのものに履き替えました。(監督からの喝に)気分も変わって、ズボンも変わっていいサイズで臨むことができました」

東洋大・古田は昨日、スタメンを外れたが今日は2安打3打点の活躍


東洋大  101410200=9
國學院大 000000000=0

【東】○飯田―西川、浦岡
【國】●山岡、小玉、諸見里(俊)、田村、吉村―横井
本塁打:東洋大・古田《4回3ラン》、原澤《5回ソロ》

文・写真:山田沙希子