Baseball Gate

大学野球

100安打達成の山﨑剛が好走塁で掴んだ決勝点!清水昇、圧巻の完封勝利!【東都大学野球 秋季リーグ戦 東洋大vs國學院大2回戦】

100安打達成に加えて走塁でも魅せた國學院大・山﨑

國學院大が1対0で投手戦を制した。

初回、山﨑剛内野手(4年・日章学園)がセンター前ヒットを放ち、大学通算100安打を達成。二盗でチャンスを広げるが無得点。6回、1死から山﨑が四球を選び、次打者の貞光広登内野手(2年・天理)に初球を投じたところで東洋大先発・梅津晃大投手(3年・仙台育英)が負傷し降板。この日2つ目の盗塁を決めた山﨑が、貞光のセンター前へ落ちるヒットに判断よくスタートを切り、一気に生還。

投げては今季初先発の清水昇投手(3年・帝京)が東洋大打線を散発5安打に抑え、1点を守り切った。

東洋大は梅津が6回途中1安打と好投していたが、アクシデントにより降板。代わった片山翔太投手(4年・大社)は好救援も、唯一許したヒットが決勝タイムリーとなってしまった。打線も國學院大の2安打を上回る5安打を放つもホームが遠く。9回には2死三塁と同点のチャンスを作るが及ばなかった。

國學院大・清水は散発5安打11奪三振で完封勝利

◎國學院大・鳥山泰孝監督
「清水が見事なピッチングをしてくれました。キャッチャーの横井が清水の力を引き出しましたし、2人の呼吸は素晴らしいと思います。(先制のホームを踏んだ)山﨑も見事な判断でした」

◎國學院大・山﨑剛内野手
「昨日、センター前に打つと宣言していました。初球から振ることをモットーにやってきましたが、それが100本に繋がったと思います。目標にしていたことが一つ叶いましたが、ここからチームをどれだけ勝利に導けるかが大事になると思うので、ここで満足することなく打ち続けたいです」

◎國學院大・清水昇投手(3年・帝京)
「昨日、監督に『投げさせてください』と言いにいきました。東洋大は確実に甘い球を仕留めてくるので、逆に高めを使ったりうまく突いていこうと横井と話をしていたように投げられました。日本一の二遊間(山﨑、諸見里)がいるので、どれだけ打たせて取れるかだと思っています」

國學院大 000001000=1
東洋大  000000000=0

【國】○清水―横井
【東】●梅津、片山(翔)―西川

文・写真:山田沙希子