Baseball Gate

プロ野球

マレーロが3打席連発弾!金子7回2失点!オリックスが福岡ソフトバンクの連勝を止める!

6回、3打席連続の本塁打を放ち、笑顔を見せるオリックスのマレーロ。捕手高谷=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】


 オリックスが5対2で福岡ソフトバンクに快勝した。

 優勝マジックを4として10日ぶりに本拠地に戻った福岡ソフトバンク。先発はヤフオクドームで負けなしのバンデンハーク。一方のオリックスは金子が先発マウンドに上った。

 初回、バンデンハークは小島の二塁打から1死1、3塁のピンチを背負うも、後続を斬って無失点。しかし2回表、先頭のマレーロにレフトへのソロ弾を浴びて先に1点を失った。先制を許した福岡ソフトバンクは、その裏にデスパイネの31号ソロですかさず同点に追いついた。

 4回表、バンデンハークは先頭の小谷野に3塁打を許すと、2回に先制弾を浴びたマレーロに2打席連続となる2ランを浴び、なおも小島の犠飛で1点を追加されて一気に3点を勝ち越された。マレーロは6回表にも3打席連続となる16号ソロを放ち、福岡ソフトバンクを突き放した。

 一方、福岡ソフトバンク打線は7回裏に四球や相手エラーで1死満塁のチャンスをつかむも、本多の内野ゴロの間の1点に終わり、反撃はここまで。チームの連勝は9でストップ。バンデンハークの対オリックスの連勝も同じく9でストップし、ヤフオクドームでの不敗神話もついに途切れた。9月に入っての初黒星で自力ではマジックを減らすことができず、優勝は16日の埼玉西武戦(メットライフ)以降に持ち越された。