Baseball Gate

大学野球

中村稔弥1失点完投勝利!3季ぶりのリーグ優勝へ亜大白星発進!【東都大学野球 秋季リーグ戦 1部 日本大学 対亜細亜大学】

3安打1失点完投勝利の中村稔弥投手(亜細亜大)

集中打で奪った点を守り切った亜細亜大が4対1で勝利。
初回、ヒットと四球で2死満塁のチャンスを作ると、伊藤優希外野手(3年・駒大苫小牧)の押し出し死球で先制。続く手塚渓登外野手(3年・横浜隼人)の2点タイムリー、佐久本一輝捕手(2年・興南)のタイムリーでこの回一挙4点を奪う。
その後はなかなか追加点が取れない展開が続いたが、先発の中村稔弥投手(3年・長崎清峰)が初回こそ2四球でピンチを招いたが、2回以降は5回まで無安打ピッチングの好投で亜細亜大が試合を優位に進める。6回1死から初ヒットを打たれたものの、得点は許さず。8回には2死無走者から連打で1失点こそしたがリードを守り切って今季初勝利。攻撃陣も得点は初回のみだったが、5盗塁と機動力も目立った。

一方の日本大は先発の山本龍之介投手(2年・札幌日大)が初回に3安打3四死球4失点と乱れた。2回以降は立ち直って粘り強いピッチングを続け、2番手の小谷野楽夕投手(1年・日大三)も無安打救援を見せたが、打線は8回に2死二塁から長沢吉貴外野手(3年・佐野日大)のタイムリー三塁打による1得点に抑えられた。

2点タイムリーを放った手塚外野手(亜細亜大)

◎亜細亜大・生田勉監督
「初回に思った以上に点が入ってくれましたが、紙一重でした。初回が全てです」
◎亜細亜大・中村稔弥投手
「低めに投げて打たせることをテーマにしていました。ただ終盤にうまくいかなかったのは課題です。ノーヒットは全く意識していませんでしたが、1点でも少なく抑えることを意識していました」

亜細亜大 400000000=4
日本大  000000010=1
【亜】○中村(稔)―佐久本
【日】●山本(龍)、小谷野―東海林(寛)、西田(賢)

文・写真:山田沙希子