Baseball Gate

大学野球

東大・宮台康平が昨春以来の完投も8失点。立大連覇へ連勝発進【東京六大学野球】

2回1失点だった前日に続き連投となった東京大・宮台

 東京大のドラフト候補左腕・宮台康平投手が今春の対早稲田大1回戦以来となる先発のマウンドに挙がったが、勝利に導くことはできなかった。
 1回、2番の峯本匠内野手(3年・大阪桐蔭)にレフト前安打を許すと、連続四死球と暴投、飯迫恵士外野手(3年・神戸国際大附)のタイムリーで早々と3点を失った。さらに2回には味方のミスや高取克宏外野手(4年・日大二)のタイムリーなどで、またも3点を失った。

 この後、3回表に宮台に打順が回った際に浜田一志監督から代打による交代を提案されたが、続投を志願し3回裏もマウンドに上がった。
 ここから吹っ切れたのか、三者凡退に抑えると、5回に飯迫にこの日2本目のタイムリー、7回にも内野ゴロの間に1点ずつを失うも大崩れすることなく、昨年5月21日の法政大戦以来となる完投を果たした(その際は9回1失点で完投勝利)。
 試合後は「いくら完投してもこれだけ失点をすれば悔しさしかない」と憮然とした表情で話した。だが、視察したNPB球団スカウトが「三塁側に体が倒れるために球の出所が見やすくはなっている。でも、フォームは良い時に近づいている」と話すように、良い方向へ向かっているのは確か。浜田監督も「次の慶應義塾大戦に繋がる内容でした」と試合後に話した。

 一方、春季リーグ優勝の立教大は相手のミスにつけ込んで着実に得点を重ねると、投手陣も手塚周投手(2年・福島)、比屋根雅也投手(1年・興南)、橋本敦也投手(3年・大分上野丘)と繋いで、9回の楠田創外野手(4年・桐朋)のソロ本塁打による1失点に留めて快勝を果たした。

開幕2試合で3安打を放ち、今秋も攻守で活躍が期待される立教大・藤野隼大捕手(2年・川越東)

■東京大vs立教大2回戦
東京大 000000001=1
立教大 33001010X=8
【東】●宮台—三鍋
【立】◯手塚、比屋根、橋本—藤野
本塁打:東京大・楠田(9回ソロ)

◎東京大・宮台康平投手(4年・湘南)
「序盤で試合を作れなかったのがすべてです。ストレートで試合を作ろうと思いましたが、相手もそこを狙ってきて、相手の方が上でした。中盤以降に見せたような投球を序盤からしていけるように、帰ってからビデオで投球を見直そうと思います」

文・写真:高木遊