Baseball Gate

プロ野球

デスパイネ値千金打!千賀が2ケタ10勝目!福岡ソフトバンクが完封勝ち!

3回ソフトバンク2死一、二塁、デスパイネが中前に先制打を放つ=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】


 福岡ソフトバンクが1対0で北海道日本ハムに完封勝ちを収めた。

 福岡ソフトバンクは10勝目がかかった千賀、北海道日本ハムはここまで3勝3敗の上沢が先発。福岡ソフトバンク打線は初回に1死2塁、2回には1死2、3塁としながらも得点ならず。3回、先頭の明石の四球から1死2塁とすると、北海道日本ハムベンチは4番・柳田を敬遠してデスパイネとの勝負を選択。「特に燃えたということはない。冷静に、そして積極的にセカンドランナーを返すことだけを考えて打席に入った」というデスパイネは、2球で追い込まれながらも、5球目をセンター前に弾き返して福岡ソフトバンクが1点を先制した。

 福岡ソフトバンクの先発・千賀が迎えた最初のピンチは、1点をもらった直後の4回表。レアード、大谷から連続三振を奪いながらも、続く大田と田中賢に連打を許して2死1、3塁。ここは岡を空振り三振に斬って無失点で乗り切ると、7回表の2死1、2塁も西川をセカンドゴロに打ち取って無失点で切り抜け、8回からはブルペン陣にマウンドを託した。8回は岩嵜、モイネロと繋ぎ、9回はサファテで虎の子の1点を守り抜いた。

 福岡ソフトバンクは、5安打11残塁と打線が機能しなかったものの、投手陣が北海道日本ハム打線を完封リレー。特に3番・レアード、4番・大谷の2人から合計6三振を奪うなど完璧に抑え込んだ。千賀は10勝目で、育成出身としては史上初となる2年連続2ケタ勝利を挙げた。