Baseball Gate

高校野球

日本文理が序盤の大量リード守って鳴門渦潮に勝利!終盤に追加点で追い上げかわす! 【第99回全国高校野球選手権大会第5日】

日本文理―鳴門渦潮 2回表日本文理2死三塁、笠原が中越えに2ランを放つ。投手河野=甲子園【写真提供:共同通信社】


大会第5日第2試合は1回戦最後の試合となった。3年ぶり9回目の出場で、名将・大井 道夫監督が今夏限りでの勇退を発表している新潟県代表・日本文理と、鳴門工・鳴門第一が統合して現校名の鳴門渦潮になってからは初めての出場となる徳島県代表・鳴門渦潮の対戦。

まず主導権を握ったのは日本文理だった。初回、一死一塁から3番・川村 啓真(3年)が左中間への2点本塁打を放って日本文理が先制。さらに2回、四球と盗塁で一死一・三塁とすると再び川村が2点適時二塁打を放って2点を追加すると、4番・松木 一真(3年)の適時二塁打で1点、さらに6番・笠原 遥也(3年)がバックスクリーン右に突き刺さる2点本塁打でこの回一挙5得点。日本文理がリードを7点とした。

7点差を追う鳴門渦潮は3回、安打と四球で無死一・二塁とチャンスを作ると、相手のバント処理エラーで1点を返し、さらに1番・豊久 雄友(3年)の内野ゴロの間に1点と、この回2点を返す。4回には7番・鈴江 竜飛(2年)の安打で一塁走者・奥 直人(3年)が長躯ホームイン。鳴門渦潮が4点差に迫る。

中盤以降は両チームのリリーフ投手が踏ん張り、スコアボードに0が並ぶ。再び試合が動いたのは8回、日本文理の攻撃時だった。

日本文理は一死三塁とすると、3番・川村がこの日3安打目となる適時二塁打で1点を奪うと、二死二塁から代打・長谷川 大(3年)が左翼への適時打を放って9対3と突き放す。

6点差とされた鳴門渦潮だが、8回に無死満塁のチャンスを作ると、6番・奥が三塁への適時内野安打を放って1点を返す。9回には一死から1番・豊久が中越三塁打で出塁すると、代打・有持 信道(3年)の内野ゴロの間に1点を返して4点差とする。しかし反撃もここまで。最後は4番・笹田 貴義(3年)が三邪飛に倒れゲームセット。日本文理が1回戦を突破した。

日本文理は4回途中からリリーフしたエース・稲垣 豪人(3年)が5.1回で7安打を浴びながらも粘りの投球で2失点に抑え、鳴門渦潮の反撃を凌いだ。

勝利した日本文理は8月16日(水)の大会第9日第3試合で、宮城県代表・仙台育英と対戦する。大井監督最後の夏はまだまだ終わらない。