Baseball Gate

高校野球

【福島】聖光学院 連覇へ順当4回戦進出 指揮官納得「理想的な内容」

 ◇第99回全国高校野球選手権福島大会3回戦 聖光学院7-0喜多方(2017年7月15日 県営あづま)

<聖光学院・喜多方>先発して好投した聖光学院の前田

 連覇を目指す聖光学院は3回戦で喜多方と対戦し、7―0で7回コールド勝ち。順当に17日の4回戦に進出した。

 喜多方・伊藤の立ち上がりを攻めて4点を挙げると、その後も小刻みに追加点。投げては前田秀紀(3年)が130キロ台後半の速球とスライダーなどで6回を2安打9奪三振。7回に登板した2番手の湯浅京己(あつき、3年)も最速145キロを投げ、相手打線をねじ伏せた。

 斎藤智也監督は「終盤はゴロの打球でも安打になったし、理想的な内容でいい勝ち方だった。前田はうちのエース格で、期待通りの投球。湯浅も期待している戦力」と振り返った。