Baseball Gate

プロ野球

オリックス4連勝!北海道日本ハムは大谷今季初登板も4失点降板…

5回3失点で7勝目を挙げたオリックス・金子=京セラドーム【写真提供:共同通信社】


オリックスが6対3で北海道日本ハムに勝利。4連勝で前半戦を締めた。

 連勝中のオリックスは、この日も序盤の大量点で早々と勝負を決めた。北海道日本ハムの先発・大谷に対し、初回は無得点に終わったが、2回に小谷野の四球、マレーロ、T-岡田の連打で1死満塁として大城が押し出し四球を選んで1点を先制。さらに代わったメンドーサから伊藤光が3塁線を破る走者一掃のタイムリー2塁打で3点を加えると、駿太の犠牲フライも飛び出してこの回一挙5点。4回には小島のタイムリーで追加点を奪った。

 先発の金子は立ち上がりからなかなかペースを掴めず、3回に中田、5回には松本にタイムリーを許したが、5回を投げて7奪三振をマークするとともに5安打3失点にまとめ、自身5月30日以来の7勝目。試合後の福良監督は「金子は本調子じゃなかったけれど、よく粘って投げてくれた。何より勝ちがついたのが良かった。そのあとのリリーフ陣もしっかりと仕事してくれた。戦力も戻ってきたし、後半戦は戦えるという手応えがある」と胸を張った。

 一方の北海道日本ハムは、大谷が今季初先発のマウンドに上ったが、制球に苦しむなど本来の姿とはほど遠い内容。元々30球程度を予定だったこともあって2回途中29球4失点で降板。打線もカバーすることができず、3連敗での借金20で前半戦を終えた。