Baseball Gate

プロ野球

長野先頭打者弾から計12安打8得点!読売巨人が3連勝で4位浮上!

1回、同点ソロを放ちナインとタッチを交わす巨人・長野=東京ドーム【写真提供:共同通信社】


 読売巨人が8対3で東京ヤクルトに勝利。3連勝で前半戦を締めくくり、4位に浮上した。

  先発は読売巨人が今季初勝利を目指す宮國(0勝7敗、防御率6.06)。連敗脱出で前半戦を終えたい東京ヤクルトは、今季5勝5敗、防御率2.76のブキャナンがマウンドへ。試合は初回から動きを見せる。1回表、1死2塁の場面で3番・山田がタイムリーを放ち東京ヤクルトが先制した。しかし、この試合2番にマギーを据える超攻撃的な打線を組んだ読売巨人はその裏、打撃好調の1番・長野に先頭打者弾が飛び出し、すかさず試合を振り出しに戻した。

 その後両先発が立ち直り投手戦になるかと思われたが、4回裏に5番・村田の第5号ソロで勝ち越した読売巨人打線が5回裏に大爆発。7番・亀井、3番・坂本のタイムリー、村田の犠牲フライと打者一巡の猛攻で一挙に5点を奪い試合を決めた。

 宮國は5回1失点でマウンドを下りたが、その後のリリーフ陣が反撃を2点に抑え、今季初勝利。チームも今季3度目の同一カード3連勝。3打点を挙げ、8年ぶりに1試合4安打を放った亀井は「後半は必ず巻き返していいところまで登り詰めたい」と、後半戦でのさらなる活躍を誓った。

 敗れた東京ヤクルトは今季2度目の10連敗。真中監督は、「立ち上がりをもう少し攻めたかった」と、先制した直後に1死満塁とチャンスを作りながら、追加点を挙げられなかった初回の攻撃を悔やんだ。