Baseball Gate

プロ野球

上本 V弾含む4安打3打点に「出来過ぎ」、メッセはバックに感謝

 ◇セ・リーグ 阪神10―1中日(2017年7月11日 倉敷)

<神・中>お立ち台で笑顔の7回1失点で8勝目のメッセンジャー(左)と4安打3打点の上本

 阪神は初回に1点を失ったものの投打がかみ合って逆転で大勝、2連勝を飾った。

 打っては上本が4打数4安打3打点と躍動、3回に勝ち越しとなる5号ソロを左越えに叩き込み、5回には2点二塁打を放って勝利に貢献した。お立ち台では「出来過ぎ。勝ったことでここにいるので、勝てたことが良かった」と話し、決勝アーチには「塁に出ようと食らいついていった」と静かな口調で振り返った。

 投げてはメッセンジャーが7回1失点で8勝目。6月8日のオリックス戦以来の白星に「久しぶり(お待たせして)ゴメンナサイ」と話して沸かせると、初回1失点して以降の安定した投球に「低めに投げられゴロ(アウト)を取れた。しっかりも守ってくれた」とバックに感謝した。自身もバットで5回に適時打を放ち「ナイスバッティング。ラッキーボーイね」とご機嫌、金本監督も「安心して見ていられた」と賛辞を送っていた。