Baseball Gate

プロ野球

吉田正&ロメロ弾!オリックス・山崎福がプロ初完封!

1回、先制2ランを放ち笑顔のオリックス・吉田正。捕手市川=京セラドーム【写真提供:共同通信社】


投打が完璧に噛み合ったオリックスが11対0で北海道日本ハムに完勝を収めた。

 試合は初回からオリックスペース。先発の山崎福が走者を許しながら無失点で切り抜けると、1回裏に「3番・ライト」でスタメン出場した吉田正が、右中間5階席へ特大今季1号の2ラン。さらに続く4番・ロメロもレフトポール際へ15号ソロを放ってあっさり3点を先制。2回にはマレーロの2点タイムリー2塁打で追加点を挙げて北海道日本ハムの先発・浦野をノックアウトして試合の主導権を完全に掌握した。

 オリックスはその後も、攻撃の手を緩めずに5回に2点、7回に4点を奪うと、先発の山崎福が2回以降は味方の大量援護にも助けられ、相手打線に計7安打を許しながらも本塁は踏ませず、計138球の熱投でプロ初完投を初完封勝利で飾った。これでチームも4連敗の後の2連勝で上昇気配だ。

 敗れた北海道日本ハムは、先発の浦野が2回2/3を5安打5失点で降板すると、2番手・上原が2失点(自責0)、3番手・田中豊が4失点(自責3)と大量失点。打線も初回の無死1、2塁のチャンスを逃すと、その後も拙攻続き。2失策と守備も乱れて大敗を喫した。