Baseball Gate

高校野球

【東東京】都国際44失点のエース・手島 200球投げ抜き「良い思い出に」

 ◇第99回全国高校野球選手権東東京大会 東海大高輪台44―0都国際(2017年7月10日 大田)

<東東京 都国際・東海大高輪台>大敗したが、高校野球を満喫して笑顔のエース手島(最前列左から2人目)ら都国際ナイン

 都国際のエース右腕・手島佑投手(2年)は30安打44失点を喫しながらも、4回200球を投げ抜いた。

 「アウトの取り方を忘れそうだった。でも仲間の顔を見て、頑張ろうと思った」と涙はなく、清々しく振り返った。

 登録は11人。ダンス部やバスケ部から助っ人を借りて単独出場をかなえた。手島は今年の12月に海外留学するため、2年生だが今夏が最後の夏。「自分にとって最後になるので、絶対に単独で出たかった」。抽選で強豪の相手を引き当て「やばいと思った」と振り返る。

 それでも「単独で出られて、試合ができてうれしかった。最後がこんな試合になっちゃったけど、良い思い出になった」と笑顔だった。