Baseball Gate

プロ野球

終盤に大逆転!オリックスが横浜DeNAの勝ちパターン攻略で連敗ストップ!

DeNA―オリックス DeNAに勝利し、小谷野(右)とタッチを交わすオリックス・福良監督=横浜【写真提供:共同通信社】


 オリックスが7対4で横浜DeNAに逆転勝ちを収め、連敗を6で止めた。

 横浜スタジアムでの交流戦最終戦。横浜DeNAは4回に宮﨑のタイムリーで1点を先制すると、3年目の飯塚がプロ初先発のマウンドで5回2安打無失点と好投。勝利投手の権利を持って降板すると、6回には宮崎、戸柱のタイムリーで3点を追加してリードを広げた。

 しかし0対4で迎えた7回表、オリックスがまずは横浜DeNAの3番手・パットンを攻略。先頭のロメロが内野安打で出塁すると、1死後にモレルがヒットで繋いだ後、小谷野がカウント2-2から甘く入ったスライダーを逃さず捉え、レフトのポールへと直撃する3号3ランを放って1点差へと迫る。さらに続く8回、今度は三上を攻め、先頭の小島がセカンドへの内野安打で出塁すると、1死後にロメロが3球目の甘く入ったストレートをレフトスタンドへ。逆転の11号2ランを放って一気に試合をひっくり返した。この後、変わった平田からもタイムリーを放ち、7、8回で一挙7得点。見事な逆転劇で試合をひっくり返した。

 6回にはT-岡田のまずい守備で追加点を奪われ、先発・金子千尋がイニング途中でマウンドをおりるなど嫌な展開だったが、終盤の一発攻勢で逆転勝ち。パ・リーグの56勝、セ・リーグの51勝(1分け)で交流戦の全日程が終了した。