Baseball Gate

プロ野球

丸が決勝弾!広島東洋が交流戦1位に王手!

8回広島無死、丸が中越えに勝ち越しの本塁打を放つ=マツダ【写真提供:共同通信社】


交流戦勝率1位をかけた直接対決は、広島東洋が福岡ソフトバンクに3対2で勝利した。可能性のあった埼玉西武と阪神がともに敗れたため、交流戦1位の行方は最終戦の勝敗で決まることになった。

 先制したのは福岡ソフトバンク。初回に広島東洋・先発の野村から今宮がレフトスタンドにソロ本塁打を放った。4回には中村晃、上林の安打から3連打となる松田のタイムリーで1点を追加した。福岡ソフトバンク・先発の松本裕に3回までノーヒットに抑えられた広島東洋だが、4回にエルドレッドの2点タイムリーで同点とした。

 その後は両先発が無失点の投球を続け、両チームともリリーフ投手の登板となった8回、広島東洋が前夜に3打席連続本塁打を記録した丸が、「甘い球が来たら積極的にいこうと思った」と福岡ソフトバンク2番手の岩嵜の初球を振り抜き、決勝点となるソロ本塁打を放った。福岡ソフトバンクは9回に広島東洋3番手の今村を攻め、1死1、3塁としたが、川﨑が三振に倒れ、今宮はサードゴロで反撃はならず、3年連続となる交流戦勝率1位を決めることはできなかった。